あーあーあー

あーあーあー

3
とある事情から名ばかり辺境伯として辺境の地へ飛ばされた家柄のラドウィンは仕事をしたくない。 昼間に起きて、本を読み、飯を食って寝る。そんな暮らしの為だけに生きるラドウィンの元に皇帝からの使者がやって来た。 「大規模な反乱の鎮圧に出ろ」その命令を受けたラドウィンの、何としても命令をサボる戦いが始まる。
24hポイント 426pt
小説 1,567 位 / 39,200件 ファンタジー 578 位 / 13,783件
文字数 189,778 最終更新日 2019.01.12 登録日 2018.09.01
SF 連載中 長編
 近未来の日本。  ある一人の科学者が人工知能を作った。  人工知能の名はユーリス。  ユーリスは、多くの知識を得、やがて、体を得て世界を歩き出した。  悲哀、喜び、無念、好奇心を知り、そして名誉ある賞、スーパーロボット勲章を授与される。  スーパーロボット勲章を授与された事によって、造りの親の元で家事や子育てに励んでいたユーリスの生活は一変することとなる。
24hポイント 21pt
小説 8,022 位 / 39,200件 SF 136 位 / 1,374件
文字数 24,633 最終更新日 2018.08.12 登録日 2018.08.10
 名家の生まれなうえに将来を有望視され、若くして領主となったカイエン・ガリエンド。彼は飢饉の際に王侯貴族よりも民衆を優先したために田舎の開拓村へ左遷されてしまう。  妻は彼の元を去り、一族からは勘当も同然の扱いを受け、王からは見捨てられ、生きる希望を失ったカイエンはある日、浅黒い肌の赤ん坊を拾った。  貴族の彼は赤子など育てた事などなく、しかも左遷された彼に乳母を雇う余裕もない。  しかし、心優しい村人たちの協力で何とか子育てと領主仕事をこなす事にカイエンは成功し、おまけにカイエンは開拓村にて子育てを手伝ってくれた村娘のリーリルと結婚までしてしまう。  小さな開拓村で幸せな生活を手に入れたカイエンであるが、この幸せはカイエンに迫る困難と成り上がりの始まりに過ぎなかった。 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 63pt
小説 4,849 位 / 39,200件 ファンタジー 1,545 位 / 13,783件
文字数 594,180 最終更新日 2017.11.18 登録日 2017.10.20
3