水

紫紺と翡翠から改名しました よろしくお願いします
10
恋愛 連載中 長編 R15
愛情を与えられない王女リエン。 無視され、忘れ去られ、時に思い出したかのように折檻を受け、毒を与えられ……。そんな日々を生きてきた王女。 誰もが、哀れみ、蔑み、そうして彼女のようになりたくはないと目を背け嘲笑う。 そんな最低な日常をちっぽけな大人しい少女は黙然と受け入れ、誰にも言えない願いを胸の中に抱えていた。 ――ふざけんなよ。絶対にここから出ていってやる。 少女の目の前には幸福などない。だからといって誰が絶望するものか。与えられる餌で誰の牙を抜いたと喜んでいるんだこいつらは。バカなのか。 鉄より強固な反骨精神を隠しながら、王女はひっそりと日々をやり過ごしていく。 第二部 王女として復権したリエン。大きな抑圧から外れた彼女の魂には、まだまだ枷が残っていた。 最強の騎士を従者にしつつも孤独は変わらず。 毒殺未遂に誘拐既遂、初めてできた侍女に友人に前世の因縁に学園生活に……続々と起こる様々な出来事。 これから様々なことを経験して、やっと王女は「幸せ」を手に入れる。 ※奈積とリエンの出会いの描写や心情描写を所々修正しています。 ※恋愛要素はとっっっっても薄いです。
24hポイント 731pt
小説 1,986 位 / 125,459件 恋愛 907 位 / 35,891件
文字数 972,043 最終更新日 2021.12.01 登録日 2019.02.06
恋愛 連載中 長編
とある侯爵貴族、三兄妹の真ん中長女のヒルディア。優秀な兄、可憐な妹に囲まれた彼女の人生はある日をきっかけに転機を迎える。 妹に婚約者?あたしの婚約者だった人? 姉だから妹の幸せを祈って身を引け?普通逆じゃないっけ。 うん、まあどーでもいいし、それならこっちも好き勝手にするわ。 ※ザマアに期待しないでください
24hポイント 688pt
小説 2,074 位 / 125,459件 恋愛 953 位 / 35,891件
文字数 227,606 最終更新日 2021.11.17 登録日 2019.07.07
早速題名変更しました(2020,12,4) 飛行機もない。空飛ぶ魔獣はいるけど結界の張られた街中にはそんなもの現れない。 しかし、たまに、空から物が落ちてくることがある。狙ったようにその人めがけて宝飾品なんかが落ちてきて、受け止めた人は幸運に恵まれる。ゆえにそれらは「天からの贈り物」と呼ばれ、神々の気まぐれの類いだとお伽噺にも語る。 「……とうとう人間まで落とすのかよ、神様よぉ」 とある日、稀なる贈り物を受け取った男は、思わずそう呟いておくるみを抱き直した。 その男の名は、ゼファロス・クルーゼル。六年前に世界を救った男である。偉業を成し遂げてのち、地方に隠匿される彼の日常に、新たな彩りが加えられる――……。 2020,12,9 一章完結。 例に漏れず行き当たりばったり。 不定期更新。 タグの半分は努力目標。 そしてあらすじも時々書き直される。題名も変わるかも。
24hポイント 134pt
小説 6,968 位 / 125,459件 ファンタジー 1,466 位 / 32,297件
文字数 351,340 最終更新日 2021.07.07 登録日 2020.11.25
人の魂を天へ導く役目を負う葬送の一族・送り人が政治の舞台から退いて百年近く過ぎた時代。彼らは人々の記憶からも忘れ去られる存在になり、対する臣人の一族が権勢を誇っていた。 一地方の片隅で暮らす送り人の末裔クランは、幼いとき、深い森の底で、全てを失くした傷だらけの少年トルカと出逢う。 兄妹のように親しく育つ中、平穏な日常はトルカの心の傷まで癒していく。 しかし、そんな穏やかで幸福な日々は、ある日に終わりを告げた。 全てを喪い孤独になったクランは、今日もまた、送り人として責務を果たす。 三部構成です(一章=第一部トルカ篇、二章~?章=第二部クラン篇)
24hポイント 7pt
小説 26,708 位 / 125,459件 ファンタジー 5,089 位 / 32,297件
文字数 224,403 最終更新日 2021.05.27 登録日 2017.05.20
とある王国のとある少年の物語。 弱小貧乏貴族の跡取りだったローナ・ハヴィン。学園を卒業し城に仕えることになっても、平凡に、穏やかに過ごしていく未来を描いていた――。 しかし突然発覚した父親による王族暗殺未遂と服毒自殺。条件付きで投獄を免れ家名は残ったものの、財産没収、監視つきの人生を余儀なくされる。平々凡々なローナには家の再興など夢のまた夢。決まっていた就職先も馘になり、そもそも生きていけるのかという状況。 そして突如降って湧いた、義理の妹という存在。 一滴も血の繋がりがない、訳ありの少女ナジカと出会ったローナは、自身が平和ならば流されてもいいという主義を曲げ、自分の未来に立ち向かっていく決意を固めた。 アホヘタレとんま三拍子揃ったローナと、彼を中心に巡る家族の物語が、始まる。
24hポイント 21pt
小説 18,778 位 / 125,459件 ファンタジー 3,372 位 / 32,297件
文字数 152,899 最終更新日 2021.05.17 登録日 2019.05.31
後悔しないと自分に約束したかった
24hポイント 7pt
小説 26,708 位 / 125,459件 ファンタジー 5,089 位 / 32,297件
文字数 12,942 最終更新日 2021.02.11 登録日 2017.07.29
※あらすじ定まったので書き直しました! 隣国との戦争が終結して一年。 その国の筆頭貴族ディオ家の嫡男が戦死し、田舎で育てられた次男が、後継者として王都で暮らしはじめた矢先のことだった。 次期当主の護衛の任に、とある男が就いた。 口は悪いわ手は早いわ腰の剣を肘置きの代わりにするとかやる気あるのかお前という態度。ついでに主人のご飯(主に甘味)を勝手に横取りしていく。 しかし、その目は確かに優れていた。 男はその目で護衛の任以上の何かを見据えていた。 その『何か』に、主人である少年が気づいた時――それが、二人にとっての決断の時だった。 「仰せのままに、ご主人サマ」 「敬意がこもってないやり直し。でも、お前にさま付けされるの、やっぱり気持ち悪いからやらなくていい」 「どっちだクソガキ」 ざっくりまとめると、元無職アルフとその主人となった少年レオナールの絆を育む物語。
24hポイント 7pt
小説 26,708 位 / 125,459件 ファンタジー 5,089 位 / 32,297件
文字数 56,847 最終更新日 2020.12.22 登録日 2019.01.17
恋愛 完結 短編 R15
とある王国のとある部族のもとに、純銀の髪に、ルチルの瞳の娘がいた。 娘は国に請われ、部族に売られ、聖女となる。 聖女のあとは、踊り子になった。 踊り子の次は、刃を握る刺客となった。 娘は歩く。 聖女の地位から救いだしてくれた、婚約者を追いかけるために。
24hポイント 21pt
小説 18,778 位 / 125,459件 恋愛 7,718 位 / 35,891件
文字数 12,294 最終更新日 2019.10.25 登録日 2019.10.25
大戦禍の後―……。再び踊る。
24hポイント 7pt
小説 26,708 位 / 125,459件 ファンタジー 5,089 位 / 32,297件
文字数 16,762 最終更新日 2017.08.02 登録日 2017.05.30
ぼくは、どこへ向かっているのだろう。
24hポイント 7pt
小説 26,708 位 / 125,459件 ファンタジー 5,089 位 / 32,297件
文字数 3,431 最終更新日 2017.06.14 登録日 2017.06.14
10