親友に婚約者を奪われた侯爵令嬢は、辺境の地で愛を語る

「私、人が恋に落ちる瞬間を始めて見ましたわ」
セイラは今、目の前で恋に落ちた二人を見てそう呟いた。

大好きな婚約者と親友が恋に落ち、辛い日々を過ごすことに。
そんなセイラを支えてくれる人に出会い、少しづつ前を向き進んでいくまでのお話です。
ラストはハッピーエンドです。
24hポイント 99pt
小説 10,114 位 / 144,634件 恋愛 4,909 位 / 45,271件