スパイ気取りが仕掛けてくる取引には用心すべきです!

仕事には何の不満も、まあ、ないと言っていい青山有希。
じゃあ、プライベートは?

そこはなかなかままならない。
お年頃をそろそろ過ぎそうで焦り出しそうな自分と周り。

元カレに振られた理由はオンとオフの落差だった。
ずんずんと茨の道を進むような逞しくもりりしい姿で仕事をしてるんだから、部屋ではだらんとしていいじゃない?
別に普通だと思うし、リラックスが上手なだけで決してだらしない訳じゃないのに。
それを許せなかった小さい器の男と別れてしばし。

まさか同僚が仕切った飲み会で再会するなんて。

無視無視。

その夜に偶然再会・・・二度目らしい・・・・声をかけられた人。
思い出すのにもヒントが必要なくらいだった人。


軽く誘われて、軽く答えたら、思った以上に厄介な人でした。

本当に・・・・・疲れます。

呆れた果てるのにも疲れた有希とそんな誰かのお話。

24hポイント 0pt
小説 125,670 位 / 125,670件 恋愛 35,951 位 / 35,951件