【完結】限界離婚

もう限界だ。
「離婚してください」

丸田広一は妻にそう告げた。妻は激怒し、言い争いになる。広一は頭に鈍器で殴られたような衝撃を受け床に倒れ伏せた。振り返るとそこには妻がいた。広一はそのまま意識を失った。

丸田広一の息子の嫁、鈴奈はもう耐える事ができなかった。体調を崩し病院へ行く。医師に告げられた言葉にショックを受け、夫に連絡しようとするが、SNSが既読にならず、電話も繋がらない。もう諦め離婚届だけを置いて実家に帰った。

丸田広一の妻、京香は手足の違和感を感じていた。自分が家族から嫌われている事は知っている。高齢な姑、離婚を仄めかす夫、可愛くない嫁、誰がが私を害そうとしている気がする。渡されていた離婚届に署名をして役所に提出した。もう私は自由の身だ。あの人の所へ向かった。

広一の母、文は途方にくれた。大事な物が無くなっていく。今日は通帳が無くなった。いくら探しても見つからない。まさかとは思うが最近様子が可笑しいあの女が盗んだのかもしれない。衰えた体を動かして、家の中を探し回った。

出張からかえってきた広一の息子、良は家につき愕然とした。信じていた安心できる場所がガラガラと崩れ落ちる。後始末に追われ、いなくなった妻の元へ向かう。妻に頭を下げて別れたくないと懇願した。


平和だった丸田家に襲い掛かる不幸。どんどん倒れる家族。

信じていた家族の形が崩れていく。

倒されたのは誰のせい?

倒れた達磨は再び起き上がる。

丸田家の危機と、それを克服するまでの物語。


丸田 広一…65歳。定年退職したばかり。

丸田 京香…66歳。半年前に退職した。

丸田 良…38歳。営業職。出張が多い。

丸田 鈴奈…33歳。

丸田 勇太…3歳。

丸田 文…82歳。専業主婦。

麗奈…広一が定期的に会っている女。



※7月13日初回完結
※7月14日深夜 忘れたはずの思い~エピローグまでを加筆修正して投稿しました。話数も増やしています。
※7月15日【裏】登場人物紹介追記しました。
※7月22日第2章完結。
※カクヨムにも投稿しています。







24hポイント 568pt
小説 2,676 位 / 148,184件 大衆娯楽 16 位 / 4,877件