転生したら爺さんになっていた件について。 老い先短い余生を突如できた似非孫と別の世界の孤島で静かに過ごす――って、転生の意味ぃ〜っ⁉︎

 中学最後の夏休みの真っ只中、友達と海に遊びに来ていた俺――浦嶋(うらじま)駄朗(だろう)。
 多感なお年頃、モヤモヤDC(思春期真っ盛りな男子中学生)の十五歳。

 照りつける夏の陽射しを全身で浴びて光合成を満喫しようと、何を思ったのかゴムボートに乗って一人で沖に出ていた。
 まるで揺り籠に揺られるような静かな小波が心地良く、まったりと揺蕩って睡魔が襲ってきた――そんな時だった。

 前触れもなく、突如、発生した大きな渦潮にゴムボートごと巻き込まれた。


 次に目覚めた時には、知らない砂浜に打ち上げられていた――と言う、状況に置かれている。


 ◇◇◇


「――え? 遭難(そうなん)ですか?」

 そう呆然と呟く俺に。

「はい。そうなんです」

 駄洒落で返すデカい何かが側に居た。

「そうなんだ……」

 一旦、何かはスルー。力なく呟く俺だった――。


 俺の身に起きたあり得ない現実。
 世にもケッタイな摩訶不思議な物語が、突如、紡がれることとなる――思いつきで(笑)
24hポイント 0pt
小説 124,490 位 / 124,490件 ファンタジー 31,960 位 / 31,960件