伝説のパーティ!~王子アルベールとその仲間達は如何にして伝説と謳われる様になったか~

 世界は平和だ。50年以上戦争も無いし、国は富んでいる。

 アルベール、私の名前だ。この国、リッシュモン王国の第三王子なのだが、どうも退屈な毎日に辟易している。
 毎日の武術の稽古や魔術の勉強。それらは決して嫌では無いが、何と言うか窮屈だ。だからここ最近は王宮を抜け出して街を散策している。

 とは言っても、市などで買い食いをする程度だが。それでも十分だ。羽を伸ばせる。

 このまま行けば王弟か。まぁ悪くはない人生なんだろう。けれど、それも何か私の望む人生とは違う様な気がするのだ。
 贅沢を言っているのだろうとは思う。だが、王子だからと言って、決してその他になれないと言うのはどうなのだろうか?まぁ、じゃぁ何になりたいんだと言われると困ってしまうんだが。

 今は見つからないが、いずれ何か見つかるかもしれない。そうしたら、私の人生もワクワクするようなものに変わったりするんじゃないだろうか?
 おとぎ話にでてくる英雄の様な波乱万丈な人生、とまではいかなくて良いけれど、面白い、楽しいと思えるような毎日が。

 ・・・市での買い食いも、毎度ではひねりがないな。今日は何処か別の所に行ってみよう。

 何か私の人生を劇的に変えてくれるような。そんな出会いは無いものだろうか。
24hポイント 0pt
小説 87,231 位 / 87,231件 ファンタジー 24,908 位 / 24,908件