【完結】婚約破棄されたユニコーンの乙女は、神殿に向かいます。

「イザベラ。君との婚約破棄を、ここに宣言する!」
「かしこまりました。わたくしは神殿へ向かいます」
「……え?」

 あっさりと婚約破棄を認めたわたくしに、ディラン殿下は目を瞬かせた。

「ほ、本当に良いのか? 王妃になりたくないのか?」
「……何か誤解なさっているようですが……。ディラン殿下が王太子なのは、わたくしがユニコーンの乙女だからですわ」

 そう言い残して、その場から去った。呆然とした表情を浮かべていたディラン殿下を見て、本当に気付いてなかったのかと呆れたけれど――……。おめでとうございます、ディラン殿下。あなたは明日から王太子ではありません。
24h.ポイント 35pt
4
小説 17,746 位 / 184,871件 恋愛 7,890 位 / 56,185件