鎌倉であやかしの使い走りやってます

父親の経営する人力車の会社でバイトをしている、大学生の真。二十歳の誕生日を境に、妖怪が見えるようになってしまった彼は「おつかいモノ」として、あやかしたちに様々な頼まれごとをされるようになる。曖昧で厄介な案件ばかりを押し付けてくる彼らに、真は振り回されっぱなし。何かと彼を心配し構ってくる先輩の風吹きも、実は大天狗! 結局、今日も真はあやかしたちのために人力車を走らせる――
24hポイント 0pt
小説 128,376 位 / 128,376件 キャラ文芸 3,417 位 / 3,417件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。