虚飾の懸想と真情と

親に見離され愛情を以って愛情を欲する少年と、愛念を持つことを罪と戒める自分に苦悩する教師の、不調和と疎通。


高校二年の白石大我は、威圧的な父親を嫌い、温厚な男性に依存する生活を送っている。
万人に気安い日本史担任の南方圭紀にも、想いを告げて慕っていた。

南方圭紀は教え子である白石大我に告白されて戸惑う。
告白してきた背景や彼自身の人間性を知って、他の形で彼の力になろうとするが。

・・・・・・・・・・

2019.05.02
章タイトルを設定しました。
24hポイント 0pt
小説 60,455 位 / 60,455件 BL 5,174 位 / 5,174件