白兎は、赤い瞳で空を見るか。

町中で視線を感じたら、上を見上げてはいけないよ。
赤い格子の向こう側、白兎と目が合ってしまったら、取って喰われる--。

自分の名前さえ忘れてしまった『白兎』。
狭い部屋の中で外を眺めるうさぎは、ただそこで景色の移ろいを眺めていた。
知らないことを知りたがったうさぎの手を取ったのは、うさぎに魅了されてしまった『椿』。

赤と白は交わるのか?
何故彼は白兎と呼ばれるのか?
うさぎが真実を取り戻す時、其処にあるのは幸か不幸か--。

屋敷の奥座敷、たった一部屋の物語。


※18禁/なんちゃって時代物
※縦読み推奨
24hポイント 21pt
小説 12,736 位 / 53,804件 BL 1,649 位 / 4,307件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄ですね、わかりました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53911pt お気に入り:2392

僕のアイドル様!

BL / 連載中 24h.ポイント:547pt お気に入り:15

焦がれた月の誘う夜

BL / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:1