婚約者を奪われて冤罪で追放されたので薬屋を開いたところ、隣国の殿下が常連になりました

病気がちな母を持つセシリアは将来母の病気を治せる薬を調合出来るようにと薬の勉強をしていた。
しかし婚約者のクロードは幼馴染のエリエと浮気しており、セシリアが毒を盛ったという冤罪を着せて追放させてしまう。

追放されたセシリアは薬の勉強を続けるために新しい街でセシルと名前を変えて薬屋を開き、そこでこれまでの知識を使って様々な薬を作り、人々に親しまれていく。
さらにたまたまこの国に訪れた隣国の王子エドモンドと出会い、その腕を認められた。

一方、クロードは相思相愛であったエリエと結ばれるが、持病に効く薬を作れるのはセシリアだけだったことに気づき、慌てて彼女を探し始めるのだった。



※医学・薬学関係の記述はすべて妄想です
24hポイント 40,437pt
小説 78 位 / 99,882件 ファンタジー 11 位 / 26,878件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄されたけど、妹と幼馴染が優しすぎる件

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:8672pt お気に入り:3287

聖女であることを隠す公爵令嬢は国外で幸せになりたい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:51270pt お気に入り:5665

旦那様は妻の私より幼馴染の方が大切なようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:299319pt お気に入り:11128

万分の一の確率でパートナーが見つかるって、そんな事あるのか?

Gai
ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6851pt お気に入り:2443