公爵家の末っ子娘は嘲笑う

 圧倒的な力を持つ公爵家に生まれたアリスには優秀を通り越して天才といわれる6人の兄と姉、ちやほやされる同い年の腹違いの姉がいた。
 アリスは彼らと比べられ、蔑まれていた。しかし、彼女は公爵家にふさわしい美貌、頭脳、魔力を持っていた。

 ではなぜ周囲は彼女を蔑むのか?                      

 それは彼女がそう振る舞っていたからに他ならない。そう…彼女は見る目のない人たちを陰で嘲笑うのが趣味だった。

 自国の皇太子に婚約破棄され、隣国の王子に嫁ぐことになったアリス。王妃の息子たちは彼女を拒否した為、側室の息子に嫁ぐことになった。
 このあつかいに笑みがこぼれるアリス。彼女の行動、趣味は国が変わろうと何も変わらない。

 それにしても……なぜ人は見せかけの行動でこうも勘違いできるのだろう。

※カクヨムさん、小説家になろうさんで投稿始めました
24h.ポイント 59,687pt
小説 32 位 / 186,095件 ファンタジー 2 位 / 41,608件