ギルドを追放された支援魔法士は悪魔※とギルドを創る

 魔王を討伐したギルド<宵闇の竜>随一の支援魔法士ルークは、

「もうこのギルドは最強。支援魔法は要らない」

 と言われて追放される。

 これが喜劇の始まりだった。

 ギルドを出ると倒した魔王と正面衝突。

 事情を聞くと、実は討伐したのは魔王ではなく、魔王の椅子に座って遊んでいたため追放された悪魔イブリースであったらしい。

 人間と魔族。

 決して交わることのない種族の2人は、イブリースがちゃっかり悪魔契約を交わしたことでお互いに魂まで束縛され、共に生きていくことに。

「はーっはっはっは! 私は魔王と間違われた程の実力ですよ! 畏れなさい! 崇めなさい! さぁ、さぁさぁ!」
「お前……言ってて辛くないか?」
「あーっはっはっは! あの、泣いてもいいですか?」
「好きにしろ」

 これは、そんな2人がギルドを創り、やがて世界を掴むお話。

※最初の2週間は毎日投稿しますが、それ以降はマイペースに投稿する予定です。

★修正情報★
2018年8月6日7時57分
「狙った獲物は美味しいです」
にイブリースの反応を追記しました。
24hポイント 0pt
小説 42,712 位 / 42,712件 ファンタジー 14,702 位 / 14,702件