捨てられたものと拾うもの〜空虚な獣は眠り姫を渇望し囲う〜 

どんよりと雲が空を覆い、バケツをひっくり返したような雨が際限なく降り続ける中

何もかもを奪われた1人の青年が“捨てられた”

そんな彼を
大勢の屈強な男達に頭を下げて傅かれ
昏い闇も表の日向も泳ぎ、闊歩する、多くを持つ男が“拾う”

心優しくも不幸な1人の青年を拾い、囲い込んで執着し、溺愛する1人の極道の話。





※残酷描写ありにつき、R18作品
エロ、いちゃラブな話は完結後のその後話で掲載予定
※マーク表示でお知らせします。
短編です。
本編既に完結しています。
初めからダークなスタートなので暗い話はNGな方はお気をつけ下さい!
24hポイント 35pt
小説 19,777 位 / 140,046件 BL 3,987 位 / 15,853件