天正十年五月、安土にて

 天正十年四月二十一日、織田“上総守”信長は甲州征伐を終えて安土に凱旋した。
 長年苦しめられてきた宿敵を倒しての帰還であるはずなのに、信長の表情はどこか冴えない。
 今、日ノ本で最も勢いのある織田家を率いる天下人である信長は、果たして何を思うのか?

 ※この作品は過去新人賞に応募した作品を大幅に加筆修正を加えて投稿しています。

 『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2184fu/ )』『カクヨム(https://kakuyomu.jp/works/1177354054891485907)』および私が運営するサイト『海の見える高台の家』でも同時掲載
24hポイント 42pt
小説 8,027 位 / 58,862件 歴史・時代 101 位 / 747件