クッカサーリ騒動記

大国の中に存在する超小国クッカサーリの若き女王ティルダ、議会のために議場へ赴くも、そこに待ち受けていたのは一枚の紙きれ。そこにはこう記されていた。――『女王自身で我々全員を見つけなければ議会には出席しない。なお期限は明日の昼まで』。
女王と侍従のなんてことのない日々の話。
24hポイント 0pt
小説 86,824 位 / 86,824件 ファンタジー 24,844 位 / 24,844件