経済・企業 仕事小説一覧

カテゴリ 経済・企業
タグ 仕事×
3
中小企業のデベロッパー、西尾シティ開発の秋山は、一癖も二癖もある課長の大庭とその遥か上を行く女主任の橘と共に、過去に二度頓挫した土地へ、マンションを建設することになった。その土地の北には、世界的企業コスモ電気産業のカリスマ的経営者、松岡宗一郎の元屋敷が広がる。業績不振のコスモ電気産業は現在、事業再建の真っ只中である。  大手デベロッパーの大淀プラネットは、コスモ電気産業の事業再建委員を買収し元松岡邸取得を目論み、加えて、西尾シティ開発が建設しようとしている土地も手に入れて、超高級マンションを建設しようと企んでいる。  大淀プラネットは、西尾シティ開発へ破格の値段で土地購入を打診したが、断られると姑息な手段で妨害をしてきた。しかも、あろうことか西尾シティ開発のメインバンクを利用し、専務や株主を唆し西尾シティ開発を乗っ取ろうと画策する。
24hポイント 142pt
小説 4,780 位 / 57,744件 経済・企業 10 位 / 133件
文字数 149,547 最終更新日 2019.08.03 登録日 2019.05.26
 経済活動というのは、余分な商品があって、初めて始まる活動だと考えられる。自分で採取したものを、そのまま自分で使うだけであれば、そこに経済活動は発生しない。石器時代と呼ばれる時代から、縄文期に入っていった時、最初に商品となったのは、石であった。  石は、石器として最上級の品質であった、黒曜石である。  黒曜石は、石のままでは価値を持たない。  加工する知識・技術・技能があって始めて、鏃となり、釣り針となって、狩や漁の道具として使うことができる。 参考資料  CGS動画 「目からウロコの日本の歴史」 小名木善行&神谷宗幣  西田正規 著「人類のなかの定住革命」  安田喜憲 著「森と文明の物語」  鬼頭宏  著「人口から読む日本の歴史」  高木久史著「撰銭とビタ一文の戦国史」 日ノ本における、経済の始まりは、縄文期に遡ることができる。  縄文期を含めて、琵琶湖の周囲で調べていると、琵琶湖湖岸地域というのは、巨大な水資源に恵まれ、水運を利用した交易が可能であった交易拠点でありました。世界でも最古の土器が、土偶として発見された地域でもあり、葦原を利用した製品、椎などのドングリを使った料理、稲作の始まり、鉄器や銅鐸、里山の鮒ずし、琵琶湖の周辺では、様々な製品が産み出されています。  経済の始まりを追うという意味では、琵琶湖湖岸地域と言うのは、かなり面白い地域だろうと思います。
24hポイント 0pt
小説 57,744 位 / 57,744件 経済・企業 133 位 / 133件
文字数 51,298 最終更新日 2019.10.15 登録日 2018.11.22
自分が実際に経験し、目にした美容業界についてです。 文才もなく、内容もめちゃくちゃですが、これから美容業界に足を踏み入れようとしている方、そして、「ほかの店舗で・・・」とお考え中の現役美容師の方に読んでいただき、少しでも知っていただければと思い書かせていただきました。
24hポイント 0pt
小説 57,744 位 / 57,744件 経済・企業 133 位 / 133件
文字数 2,662 最終更新日 2018.08.31 登録日 2018.08.31
3