捕り物小説一覧

タグ 捕り物×
3
ある日の深夜、獣の肉を売るケダモノ屋に賊が押し入った。また、その直後、薩摩藩士が斬られたり、玄人女が殺されたりと、江戸に事件が相次ぐ。中でも、最初のケダモノ屋の件に、南町奉行所の定廻り同心、黒沼久馬はただならぬものを感じていた……。そこで友人の〈首斬り浅右衛門〉と共に事件解決に乗り出す久馬。すると驚くことに、全ての事件 に不思議な繋がりがあって――。表題作「ケダモノ屋」の他、全五編の爽快捕り物小説。
24hポイント 0pt
小説 63,551 位 / 63,551件 歴史・時代 758 位 / 758件
文字数 27,520 最終更新日 2018.04.02 登録日 2018.04.02
2
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は享保。将軍・徳川吉宗の世子・徳川家重にはお気に入りの小姓がいた。その名は大岡兵庫忠光。表向きは言語障害を持つ家重の言葉を理解する優秀な小姓である。しかし、休日には大岡越前守忠相の命を受け、江戸市中を調査していた。忠光は陰間茶屋や湯屋、虚無僧の元に訪れて個性的な仲間達と事件を解決していく。江戸の平和を守るために二足の草鞋を履く青年の捕り物小説。
24hポイント 0pt
小説 63,551 位 / 63,551件 歴史・時代 758 位 / 758件
文字数 87,365 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.03.29
冬木丈次郎は二十歳。うらなりと評判の頼りないひよっこ与力。ある日、旗本の屋敷で娘が死んだが、屋敷のほうで理由も言わないから調べてくれという訴えがあった。短編。完結済。
24hポイント 0pt
小説 63,551 位 / 63,551件 歴史・時代 758 位 / 758件
文字数 27,420 最終更新日 2019.05.21 登録日 2019.04.29
3