無自覚美人小説一覧

タグ 無自覚美人×
7
1
BL 連載中 長編 R18
ルカ・フォン・グレーフェンベルク 18歳 乙女ゲーム 彼方を見つめてフォーリンラブ の世界に生きるモブである 今日は学園の卒業式 さっさとうちに帰って甘いものを食べたい! 平穏な日々を送りたいと思うのに 攻略対象は今日もやってくる! 登場キャラにヤンデレというか割とやばいタイプの攻めが出てくるのでご注意ください。 今後の展開で無理やりの挿入なし描写もあります 注意書きになります 旧題名 攻略対象の恋愛対象 腐女子出てきますので注意 勢いとノリで書いてるだけなのでご都合主義になります。
24hポイント 213pt
小説 6,234 位 / 148,252件 BL 1,310 位 / 17,041件
文字数 87,336 最終更新日 2022.06.16 登録日 2022.05.05
2
恋愛 完結 長編 R18
若くして結婚した舞琴には、離婚を承諾してくれない別居中の夫、煌耶がいる。 ある日、幼なじみと飲みに行って 翌朝目が覚めると、全裸の煌耶が隣で眠ってた!? ※この作品はエブリスタさん、ムーンライトノベルズさんでも公開しています。 ※沢山の方のお目に留めていただきありがとうございます! 20220628:オマケを追加しました。 再会の夜の煌耶視点のストーリーです。ペロリと読んでみてください。
24hポイント 92pt
小説 10,654 位 / 148,252件 恋愛 4,998 位 / 46,697件
文字数 128,358 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.25
3
BL 完結 長編 R18
異世界転生モノ。 無自覚美人が無自覚に頑張ります。 ※処女作です。 誤字脱字、感想、疑問、なんなりと。
24hポイント 56pt
小説 14,077 位 / 148,252件 BL 3,098 位 / 17,041件
文字数 180,421 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.04.01
4
BL 完結 短編 R18
全寮制男子高校の生徒会長、春原 奏は、裏切られて全てに絶望する。 本編12話で完結です。 共通ルート3話。 その後は2人の攻めに合わせてルート分岐します。 素人執筆、処女作ですので何卒生暖かい目で見守っていただけると幸いです……。 主の好みが詰まってる。割と優しい表現ばかりかとは思いますが、R18シーンがあるお話には♡をつけています。(分岐エンドまでそういうシーンは出てきません) R18指定してますがそこまでの感じでは無いです。(ほぼ保険)
24hポイント 35pt
小説 18,455 位 / 148,252件 BL 3,987 位 / 17,041件
文字数 20,896 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.04.11
5
恋愛 連載中 短編 R18
 人間関係のいざこざで疲れながら、深夜まで終わらない仕事と格闘する日々。オフィスは決して居心地のよい環境ではないが、居続ける理由ー…。  何かを失ったような感覚は思春期にはありがちなことだ。けれど、それは本当に一過性の何かなのだろうか?  自身の心が分からない。  それなのに、渇きだけが心と体を蝕んでいく。  恋愛なんてものは分からない。  それが何なのかも知らない。  じゃあ、これは一体何なんだ。  神がいるなら、教えて欲しい。 ------------------------------ 直接的な描写は殆どありませんが、設定が設定なのでご注意ください。念のためR-18にはなっています。
24hポイント 0pt
小説 148,252 位 / 148,252件 恋愛 46,697 位 / 46,697件
文字数 41,251 最終更新日 2021.08.17 登録日 2021.08.17
6
恋愛 完結 短編
株式会社ベルフィーユジャパン、入社15年目の37歳・受付嬢である平野 やよいは当惑していた。我が社の稀代の天才エンジニア・平野 智正(トモマサ)に突然プロポーズをされたからだ。 いやいや、ちょっと待って…。 一回りも歳下のプロポーズなんて受けられません! なのに、やよいの都合完全無視で蕩ける笑顔を向ける智正の真意はどこに。 腹黒系歳下×無自覚美人歳上 ********************** 1/9〜1/11にまとめて投稿予定です。 朝9:00に更新します。よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 148,252 位 / 148,252件 恋愛 46,697 位 / 46,697件
文字数 27,660 最終更新日 2021.01.11 登録日 2021.01.04
7
BL 連載中 短編
駿河 湊(するが みなと)は友人が出来なかった。 話しかけると、相手が逃げてしまうのである。何度話しかけても同様に逃げてしまうのである。 湊は、友人ができないのはこの切れ長の目のせいだろうと思っていた。真顔になるとどうしても怖くなってしまうのだ。しかし、どうしようもないので開き直っていた。 しかしある日、友人ができないもう一つの理由が分かったのだ。 それは、幼馴染がすごくイケメンで過保護すぎることだった。 確かに、このままでは、幼馴染に依存したままになってしまう。 幼馴染にも迷惑だ。 そう思った瞬間、よし、離れようと決意した。 それから、幼馴染を避けるようにし始めたが、逃げても逃げても逃げた先にいつもいるのだ。 これは、どうしたものか。と悩んでる湊を見ながら、 湊に聞こえないくらいの声で彼がつぶやいたのだ。 「離れようとするなんて・・・許さないよ」と。 友達と彼女が欲しい鈍感さんと鈍感さんが大好きなヤンデレさん。 果たしてどうなってしまうのか?! 誤字脱字、意味の分からない言い回しになっていることがあるかもしれません。 その場合は、感想にてお申し付けください。できるだけ早く訂正いたします。 初めての作品なので、大目に見てやってください。
24hポイント 0pt
小説 148,252 位 / 148,252件 BL 17,041 位 / 17,041件
文字数 718 最終更新日 2019.06.25 登録日 2019.06.25
7