人間嫌い小説一覧

タグ 人間嫌い×
4
僕は、<神>だ。 人間達は僕を<神>と呼ぶ。 だけど僕は、自分が何なのか知らない。確かに僕が思うだけで空は荒れ狂い地面は激しく揺れ、海が二つに割れることもある。 でも僕は、自分にどうしてそんなことができるのか、その理由を知らない。 僕は死なず、老いず、傷付かず、朽ちることがない。そうやって数万回、季節が巡るのを見守ってきた。 そんな僕を人間達は<神>と呼ぶ。 そう呼ばれることを僕は望んでもないのに、勝手にそう呼ぶんだ。 だから普段は、人間達の前には姿を現さないようにしていた。僕の気配を感じると人間達は勝手に、畏れ、崇め、敬うから。 やめろ…やめてくれ…… お前達がそんなことをするから僕はここから動けないんだ。人間達の<想い>が、僕をここに縛り付ける。 それを引きちぎって行くこともできなくはない。だけど僕はそれを選択できない。何故かって? 彼らが僕に<想い>を寄せることで、彼らは僕の<眷属>となり、彼らの<命>の一部を僕に預ける形になっているからだ。僕が彼らを見捨てていけば、彼らはその命を全うできずに死ぬ。 僕は滅ぶことのない存在だけど、だからこそ死ぬことができる彼らが羨ましい。 彼らが<死>を享受できることが妬ましいんだ。だからこそ僕は彼らに安易な死を与えたくない。不愉快だから。死ねない僕の前で死の安らぎを享受する彼らが許せないから。 生きろ。 人間達よ、生きろ。 生きることこそが、僕がお前達に与える<呪い>だ。 痛み、苦しみ、渇き、妬み、嫉み、悲しみ、憎しみを抱えて生きていけ。どうせお前達は、死ぬことでそれから逃れられるのだから。 けれど、最近、人間達は徐々に僕のことを崇めなくなっていった。僕を崇めなくても、何やら作物を上手く実らせる方法を見付けたらしい。 何かと言えば人間達が用意していた<生贄>もぱったり来なくなった。 おかげで僕は安穏とした時を過ごせていた。人間達に煩わされることなく。 なのにある時、大変な干ばつがあった。雨がまったく降らず作物は育たず、それは、大飢饉をもたらした。 僕は何もしてない。いや、もしかしたら何もしなかったから……かな? すると人間達はまた、僕の前に一人の女の子を寄越した。生贄だ。 ああ、もう、どうしてこうなるんだ…… こうして、僕と、生贄の少女<ヒャク>との日々が始まったのだった。
24hポイント 242pt
小説 3,839 位 / 87,611件 ファンタジー 960 位 / 24,826件
文字数 78,002 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.09.17
2
BL 完結 長編
大学に入って一ヶ月、俺は友人を作ることは諦めた。そんなある日、大学に向かう途中で土砂降りに遭った俺は、自転車の前に飛び出してきた子猫を避けようとして、植え込みに突っ込んだ。新しいシャツは泥だらけになって破れ、気に入っていた自転車も壊れたけれど、涙は出てこなかった。けれど、全身に響く痛みと、チェーンの外れた自転車を引きずりながら歩いていたとき、俺に傘を差しかけてくれた人がいた……。 ★『猫の王様』の外伝ですが、本編未読でも大丈夫です。 九条くんの視点による猫の王様との出会い、定番イベントなど、日常エピソードの短編集です。
24hポイント 42pt
小説 10,558 位 / 87,611件 BL 1,886 位 / 8,451件
文字数 85,743 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.10.02
3
BL 完結 短編 R18
【R18】美形だが人間嫌いな高校生・皓一と、彼に惚れてしまった闇の中でしか実体化できない使い魔“奴”の話。
24hポイント 21pt
小説 14,991 位 / 87,611件 BL 2,655 位 / 8,451件
文字数 44,667 最終更新日 2019.06.10 登録日 2019.05.27
4
青春 完結 ショートショート
 僕。人。相容れない。  人が苦手なのか。  それとも。  人が嫌いなのか。  どっちだろうね?  僕の場合は。 ※他サイト様にも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 87,611 位 / 87,611件 青春 3,730 位 / 3,730件
文字数 1,711 最終更新日 2019.05.22 登録日 2019.05.22
4