たっくんちゃん

たっくんちゃん

12
ライト文芸 完結 ショートショート
世界は、すべて持ちつ持たれつだ。それは、俺たちだってそう。他人の意見なんて、どうだっていい。俺にはあいつが必要だし、あいつには俺が必要だ。それがどんな関係に見えたって…
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 1,335 最終更新日 2021.03.24 登録日 2021.03.24
ライト文芸 完結 ショートショート
聡明で、利発で、ひとつひとつの所作からも知性を感じられるその青年。的を得た簡潔な受け答え。自信に満ち溢れたスマートな微笑み。同年代の若い女性たちが放っておかないような、清潔感のある端正な顔立ち。サッカーで鍛え上げたという、スーツが似合う細身で筋肉質な肉体。非の打ち所がない青年が目の前に座っていた。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 2,016 最終更新日 2021.03.17 登録日 2021.03.17
ライト文芸 完結 ショートショート
カーテンのたわみとたわみの間にカメムシがいた。一匹である。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 1,501 最終更新日 2021.03.10 登録日 2021.03.10
ライト文芸 完結 ショートショート
最高に落ちてしまった1日のこと
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 1,369 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.24
ファンタジー 完結 ショートショート
あるコンビニでのある勇者の話
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ファンタジー 26,937 位 / 26,937件
文字数 1,759 最終更新日 2021.02.10 登録日 2021.02.10
現代文学 完結 ショートショート
普通の学校にはびこる、異常なスクールカースト
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 2,246 最終更新日 2021.01.20 登録日 2021.01.20
ライト文芸 完結 ショートショート
二言三言、短い言葉を交わしただけで、あの頃の2人に戻れているような気がした。きっと結衣も同じだと思う…いや、そう思いたい。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 1,085 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
ファンタジー 完結 ショートショート
だから私が、終わらせた。あなたが終わらせる前に、終わらせにきた。 あなたは今、私の目の前で息絶えようとしている。 あなたはきっと後悔しているだろう。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ファンタジー 26,937 位 / 26,937件
文字数 402 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
ライト文芸 完結 ショートショート
電車の席に深く腰掛けた。違和感しかなかった。 とにかく不快。パンツがズボンの中でめくれ上がっている。パンツの全面積の半分近くが、太ももの付け根に集まり、うっすらとした盛り上がりを形成している。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 766 最終更新日 2021.01.16 登録日 2021.01.16
ライト文芸 完結 ショートショート
僕はやさしいことで評判だった。 両親から「やさしい人になりなさい」と育てられた。 幼い頃から、先生にも「やさしいね」と褒められていた。 大人になってからも、上司から「やさしいね」と言われていた。 僕はやさしい。間違いなく。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 494 最終更新日 2021.01.16 登録日 2021.01.16
ライト文芸 完結 ショートショート
清楚で控えめな、眼鏡をかけた黒髪ショートボブの女の子、「しおりちゃん」のちょっと不思議な趣味と感覚。
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 ライト文芸 4,349 位 / 4,349件
文字数 1,388 最終更新日 2021.01.13 登録日 2021.01.13
現代文学 完結 ショートショート
「マッチは、マッチはいりませんかー?」 マッチに目をくれる者など、誰一人としておらず、少女の声は、虚しく寒空に吸い込まれていく。 寒さと辛さと寂しさに耐えかねて、少女は売り物用のマッチを一本擦る。 ぽわっと小さく火が燃えて、暖かく輝き出す。 目をこらすと、小さな炎の奥には、ぼんやりと人影が見えた――
24hポイント 0pt
小説 100,189 位 / 100,189件 現代文学 5,237 位 / 5,237件
文字数 3,309 最終更新日 2021.01.10 登録日 2021.01.10
12