四宮 あか

四宮 あか

カクヨムでも同じ話のせております。ジレジレの恋愛モノが好きです。
7
江戸時代にも徒党を組んで大きな詐欺を企てる、詐欺師集団がいた。 この物語の徒党の頭の名前は座頭。 100両もの金をだまし取る詐欺を成功させたのに、彼の心は憂鬱で晴れなかった。 そんな時、仲間の夕凪がこれ以上大きな金額を稼ぐには吉原で太夫でも育てるんだと言い出したことで、座頭が本当に太夫を作ると言ったからさぁ大変。 100両以上稼ぐんだから、普通の女ではダメということで座頭が目を付けたのは、丁稚奉公先で主に襲われて丁稚奉公先を逃げ出し浅草寺でスリをはたらくほど落ちぶれてしまった総司という元服前の前髪を落としていない男だったのだ! 襲われたことで大の男嫌いになった故に、絶対に男に抱かれたくないから愛だ恋だの気持ちに流されて抱かれることはないと。 吉原で唯一男に身体を売らない、抱けない太夫の伝説が始まった。
24hポイント 21pt
小説 17,672 位 / 105,680件 歴史・時代 232 位 / 1,389件
文字数 21,883 最終更新日 2021.06.16 登録日 2021.05.31
薬屋では、国試という国を挙げての祭りにちっともうまみがない。 商魂たくましい母方の血を強く譲り受けたリンメイは、得意の饅頭を使い金を稼ぐことを思いついた。 試験に悩み胃が痛む若者には胃腸にいい薬を練りこんだものを。 クマがひどい若者には、よく眠れる薬草を練りこんだものを。 饅頭を売るだけではなく、薬屋としてもちゃんとやれることはやったから、流石に文句のつけようもないでしょう。 これで、薬屋の跡取りは私で決まったな!と思ったときに。 リンメイのもとに、後宮に上がるようにお達しがきたからさぁ大変。好きな男を市井において、一年どうか待っていてとリンメイは後宮に入った。 今日から毎日20時更新します。 予約ミスで29話とんでおりましたすみません。
24hポイント 1,590pt
小説 1,044 位 / 105,680件 ライト文芸 13 位 / 4,776件
文字数 105,203 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.04.28
私の部屋で私の漫画を私より先に読んでいるやつがいた。 俺こういうものです。 差し出されたタブレットに開かれていたのはwiki…… 自己紹介、タブレットでwiki開くの? 私の部屋でくつろいでる変な奴は妖怪ぬらりひょんだったのだ。 ぬらりひょんの術を破った私は大変なことに巻き込まれた……
24hポイント 0pt
小説 105,680 位 / 105,680件 ライト文芸 4,776 位 / 4,776件
文字数 81,582 最終更新日 2021.05.23 登録日 2021.04.28
恋愛 連載中 長編 R15
書籍発売中です。 書籍化のため、1章6月30日をもちまして非公開といたしました。 これまで読んでくださりありがとうございました! 悪役令嬢に転生してしまったけれど、ヒロインを虐めてる場合ではない。 悪役にされては損である、婚約者のことは潔く諦めて別のことを楽しむとしましょう。 そう、まずはカフェでお茶を飲みながら……のはずが、厄介事にどんどん巻き込まれて……。
24hポイント 1,917pt
小説 909 位 / 105,680件 恋愛 525 位 / 29,860件
文字数 643,229 最終更新日 2021.05.13 登録日 2018.07.31
恋愛 連載中 長編
悪役令嬢に転生しても、ゲームでの展開や結末を知っていれば、うまく立ちまわって運命を回避できると思っていた。 王子と婚約を解消し、断罪理由もない卒業パーティーで事件は起こった。 私はまるで運命の力に逆らうことができないかのように――処刑された。 そこで、すべて終わりになるはずだった。 ヒロインが現れ私に聖女の力を使うまでは……
24hポイント 28pt
小説 15,360 位 / 105,680件 恋愛 6,770 位 / 29,860件
文字数 12,552 最終更新日 2020.07.29 登録日 2020.07.29
あなた化粧映えするわよ。 始まりはその一言だった。 鏡の中には私のなりたくてたまらなかった、好きな服を着てもいい、おしゃれな店でかわいい!とか言いながら注文してもいい可愛い女子がおりました。 別人に変身した私は休みのたびにストレスを発散するために、あちこちで遊んでいたのだけれど……。 一番会いたくない人間に会ってしまって。 ばれてはいけない詐欺から始まるラブコメディー。
24hポイント 85pt
小説 8,634 位 / 105,680件 ライト文芸 147 位 / 4,776件
文字数 103,236 最終更新日 2020.01.31 登録日 2018.08.13
喫茶アジフライはなぜ潰れないのか。 正直変な名前だ。 このへんてこな名前のせいで、意識高い系はまず来ないだろう。 学校が近くにあるわけでもない、かといって会社が近くにあるわけでもない。 駅からは遠く、大人一人につき1台車が当たり前のベッドタウンの住宅街の1時間に1本だけバスが来るバス停が目の前にあるだけだ。 可愛いウェイトレスさんは当然いないし。 肝心のコーヒーはネスカフェ頼み。 一度聞くと忘れられない名前の辺鄙な場所にあるにも関わらずなぜか潰れない。 それが喫茶アジフライである。 そんなこの店がつぶれない理由は、本業の人生相談のおかげである。
24hポイント 0pt
小説 105,680 位 / 105,680件 キャラ文芸 2,625 位 / 2,625件
文字数 23,743 最終更新日 2018.12.07 登録日 2018.11.05
7