嘘の私が本物の君についたウソ

あなた化粧映えするわよ。
始まりはその一言だった。
鏡の中には私のなりたくてたまらなかった、好きな服を着てもいい、おしゃれな店でかわいい!とか言いながら注文してもいい可愛い女子がおりました。

別人に変身した私は休みのたびにストレスを発散するために、あちこちで遊んでいたのだけれど……。
一番会いたくない人間に会ってしまって。

ばれてはいけない詐欺から始まるラブコメディー。
24hポイント 142pt
小説 7,122 位 / 105,467件 ライト文芸 127 位 / 4,767件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!