砂詠 飛来

砂詠 飛来

 暮新月生/O型  しがない物書き。半陰陽。  スプラッタ時代物と近親相姦は創作の糧。  もれなく腐。おほも書きます。  特技は鏡をピカピカに磨くことです。
10
BL 連載中 長編 R18
〇登場人物 橋本結城(はしもとゆうき)   高校三年生。行いは不良だが、雨の日に捨て猫を拾ってきてしまうような性格の持ち主らしい。 宮下潤一(みやしたじゅんいち)   高校三年生。結城のクラスメイト。男女ともにモテる。穏やかそうな見た目に反して‥‥。 原瀬亮太(はらせりょうた)   高校一年生。一度その気になるとまわりが見えなくなる節も。先生と出逢って改心‥‥? 須堂実幸(すどうみゆき)   結城たちが通う高校の理科教師。40代。喫煙者。飄々としているが悩み事は多い。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 BL 9,914 位 / 9,914件
文字数 102,722 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.01.12
瀬田明、予備校講師、35歳、独身。 ふいに出会った儚げな青年・月城みやびによって、瀬田の何気ない日常はかき乱れてゆく。 顔を合わせずろくな話もしない相手に想いを寄せ交換日記をしているというみやびに、瀬田は不審に思うも関わっていってしまう。 みやびの想い人、辛辣な同僚、温厚な上司――あらゆる人の思惑が交差し、瀬田はみやびの秘密を知ることになる。 みやびはなぜ瀬田を選んだのか、瀬田はなぜ選ばれてしまったのか、それはとても簡単なことだった。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 ライト文芸 4,319 位 / 4,319件
文字数 51,825 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.04.21
うらみつらみに横恋慕 江戸を染めるは吉原大火―― 筆職人の与四郎と妻のお沙。 互いに想い合い、こんなにも近くにいるのに届かぬ心。 ふたりの選んだ運命は‥‥ 江戸を舞台に吉原を巻き込んでのドタバタ珍道中!(違
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 ホラー 3,617 位 / 3,617件
文字数 69,903 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.03.11
BL 連載中 長編
両片想いの忍者のお話 ほんのりBLです テーマ  ・笑う声が耳に張りつく  ・もう一度 君を失った  ・あの時 君は笑っていたのに
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 BL 9,914 位 / 9,914件
文字数 8,612 最終更新日 2020.03.29 登録日 2020.03.27
専門学校の卒業制作として執筆したものです。 千葉県のとある地域に言い伝えられている民話・伝承を砂詠イズムで書きました。 全3編、連作になっています。 江戸時代から現代までを大まかに書いていて、ちょっとややこしいのですがみなさん頑張ってついて来てください。 幾年も前の作品をほぼそのまま載せるので「なにこれ稚拙な文め」となると思いますが、砂詠もそう思ったのでその感覚は正しいです。 この作品を執筆していたとある秋の夜、原因不明の高熱にうなされ胃液を吐きまくるという現象に苛まれました。しぬかと思いましたが、いまではもう笑い話です。よかったいのちがあって。 其のいち・青鬼の井戸、生き肝の眼薬  ──慕い合う気持ちは、歪み、いつしか井戸のなかへ消える。  その村には一軒の豪農と古い井戸があった。目の見えない老婆を救うためには、子どもの生き肝を喰わねばならぬという。怪しげな僧と女めの童わらわの思惑とは‥‥。 其のに・青鬼の面、鬼堂の大杉  ──許されぬ欲望に身を任せた者は、孤独に苛まれ後悔さえ無駄になる。  その年頃の娘と青年は、決して結ばれてはならない。しかし、互いの懸想に気がついたときには、すでにすべてが遅かった。娘に宿った新たな命によって狂わされた運命に‥‥。 其のさん・青鬼の眼、耳切りの坂  ──抗うことのできぬ輪廻は、ただ空回りしただけにすぎなかった。  その眼科医のもとをふいに訪れた患者が、思わぬ過去を携えてきた。自身の出生の秘密が解き明かされる。残酷さを刻み続けてきただけの時が、いまここでつながろうとは‥‥。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 ホラー 3,617 位 / 3,617件
文字数 48,235 最終更新日 2020.03.19 登録日 2020.03.11
短編集です。 ちまちま書いてたものを集めました。 半分実話で半分虚構。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 現代文学 5,224 位 / 5,224件
文字数 13,786 最終更新日 2020.02.28 登録日 2020.02.07
恋愛 連載中 短編
「フラれたならまだしもこちらから終わりを告げてるんだから失恋のつもりはないの」 とある社会人女子と付き合い玉砕してきた愚かな男たちの記録。女子主体なので少々理不尽に書かれる男たちにも注目。 「もしかして自分のことかも」と心当たりがあっても苦情は受け付けません。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 恋愛 27,900 位 / 27,900件
文字数 20,618 最終更新日 2020.02.17 登録日 2019.12.06
王子がまだ生熟れであるように、姫もまだまだ小娘でありました。 醜いカエルの姿に変えられてしまった王子を嘆く従者ハインリヒ。彼の強い憎しみの先に居たのは、王子を救ってくれた姫だった。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 児童書・童話 1,901 位 / 1,901件
文字数 13,512 最終更新日 2020.02.06 登録日 2020.02.01
「あんた、水難の相が出てる――3日後に死ぬよ」  予備校講師の赤井次晴は、水難の相が出ていると告げられる。  なんとか死を免れようと、生徒であり歳下の彼女である亜桜と見えないものに抗うが―― 専門学生時代に執筆したお話です。 誤字脱字のみをなおし、ほかはすべて当時のままの文章です。 いろいろとめちゃくちゃです。
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 ホラー 3,617 位 / 3,617件
文字数 6,693 最終更新日 2020.01.15 登録日 2020.01.11
「狐」「餅」「妹の秘密」 これだけ押さえておけばそんなに難しくないはずです。たぶん。 引用 『宇治拾遺物語』「狐、人に憑きてしとぎ食ふ事」(巻四ノ二、第五十三話) 『今昔物語集』「相撲人大井光遠が妹の強力の語」(巻第二十三 第二十四話)  
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 歴史・時代 1,109 位 / 1,109件
文字数 6,341 最終更新日 2019.12.06 登録日 2019.12.04
10