54 123
恋愛 連載中 長編
辺境伯令嬢ウェスパルは王家主催のお茶会で見知らぬ令嬢達に嫌味を言われ、すっかり王都への苦手意識が出来上がってしまった。母に泣きついて予定よりも早く領地に帰ることになったが、五年後、学園入学のために再び王都を訪れなければならないと思うと憂鬱でたまらない。泣き叫ぶ兄を横目に地元へと戻ったウェスパルは新鮮な空気を吸い込むと同時に、自らの中に眠っていた前世の記憶を思い出した。 「やっば、私、悪役令嬢じゃん。しかもブラックサイドの方」 ウェスパル=シルヴェスターは三部作で構成される乙女ゲームの第二部 ブラックsideに登場する悪役令嬢だったのだ。第一部の悪役令嬢とは違い、ウェスパルのラストは断罪ではなく闇落ちである。彼女は辺境伯領に封印された邪神を復活させ、国を滅ぼそうとするのだ。 ヒロインが第一部の攻略者とくっついてくれればウェスパルは確実に闇落ちを免れる。だがプレイヤーの推しに左右されることのないヒロインが六人中誰を選ぶかはその時になってみないと分からない。もしかしたら誰も選ばないかもしれないが、そこまで待っていられるほど気が長くない。 ヒロインの行動に関わらず、絶対に闇落ちを回避する方法はないかと考え、一つの名案? が頭に浮かんだ。 「そうだ、邪神を仲間に引き入れよう」 闇落ちしたくない悪役令嬢が未来の邪神を仲間にしたら、学園入学前からいろいろ変わってしまった話。
24hポイント 340pt
小説 3,926 位 / 143,905件 恋愛 1,915 位 / 44,923件
文字数 194,631 最終更新日 2022.06.14 登録日 2022.01.20
『帰ったら結婚しよう』――その言葉を信じて待ち続けた。 少しでも彼の力になりたくて、メイリーンは王都の教会で聖女見習いになった。けれど三年間待ち続けた彼女に投げられたのはあまりにも非情な言葉だった。 「俺、姫様と結婚することになったから。メイリーンは村にでも帰って他の奴と結婚してくれ。金ならがっぽり稼いでるんだろ?」 絶対迎えに行くからなんて言っておいて、稼いだ金持って帰れ? 迷惑だから連絡してくるな? 村長の息子との結婚話も彼が断わってくれと言ったから断ったのに? あっさりと姫様に鞍替えするなんて信じられない! 顔もみたくないと吐き捨てたメイリーンだったが、このまま村に帰ることも出来なければ、働き口のあてもない。困っている彼女に救いの手を差し出したのは元大聖女のオリヴィエだった。
24hポイント 177pt
小説 6,891 位 / 143,905件 恋愛 3,225 位 / 44,923件
文字数 30,450 最終更新日 2022.05.08 登録日 2022.05.08
品がないという理由で婚約破棄されたメリエラの頭は真っ白になった。そして脳内にはリズミカルな音楽が流れ、華美な羽根を背負った女性達が次々に踊りながら登場する。太鼓を叩く愉快な男性とジョッキ片手にフ~と歓声をあげるお客も加わり、まさにお祭り状態である。 だが現実の観衆達はといえば、メリエラの脳内とは正反対。まさか卒業式という晴れの場で、第二王子のダイキアがいきなり婚約破棄宣言なんてするとは思いもしなかったのだろう。
24hポイント 28pt
小説 19,796 位 / 143,905件 ファンタジー 3,286 位 / 34,654件
文字数 6,553 最終更新日 2022.05.01 登録日 2022.05.01
BL 完結 短編 R18
十七の冬にオメガだと診断された。通っていた高校と塾をやめ、オメガを守るための施設に入った。ベータからオメガへの性転換はごく稀にあるらしいが、その大半が幼少期に起こる。ベータとして育ち、恋をして。報われるなんて夢は見ていなかった。それでもよりによって年に一度の番選び直前に性転換するなんて本当についてない。番選びなんて名前だが、オメガに決定権はない。楽しむのはアルファだけ。オメガになった途端に知らない男のブツを突っ込まれるなんて惨事でしかないが、それを一回だけ回避する方法がある。それは田賀谷さんに選ばれることだった。
24hポイント 21pt
小説 22,924 位 / 143,905件 BL 4,735 位 / 16,424件
文字数 9,311 最終更新日 2022.04.20 登録日 2022.04.20
結婚初日、夫となったサウロスから「ガキを抱く趣味はない」という言葉と共に贈られたのは特大サイズの黒うさぎのぬいぐるみだった。幼い頃に憧れた、ショーウィンドウに飾られていたウサギとよく似ている。十五年越しに叶った夢に思わず頬が緩んだ。サウロスとは別の寝室に向かい、もらったうさぎにリボンを付ける。そして彼と結婚するまでの出来事を思い出す。
24hポイント 49pt
小説 14,753 位 / 143,905件 恋愛 6,972 位 / 44,923件
文字数 13,301 最終更新日 2022.03.24 登録日 2022.03.24
婚約者が婚約破棄を宣言したので。
24hポイント 14pt
小説 26,944 位 / 143,905件 恋愛 12,019 位 / 44,923件
文字数 11,680 最終更新日 2022.02.27 登録日 2022.02.24
水の魔法使いであるラッティはSランク水魔石を完成させる間近に殺された。犯人は第二妃。彼女はラッティがアラージフ陛下から寵愛を受けていると勘違いしていたようだ。だが寵愛以前にアラージフとはほとんど顔を合わせていない。やりとりだって手紙を介して業務的な連絡を行うのみである。勘違いもいいところだが、それを訴える余裕さえない。完全に意識が途切れる直前、ラッティは今後こそは普通の生活が送れますようにと強く願った。そう、彼女が殺されるのはこれがはじめてのことではない。殺される度に十六の誕生日に戻り、何度もループを繰り返しているのである。
24hポイント 0pt
小説 143,905 位 / 143,905件 ファンタジー 34,654 位 / 34,654件
文字数 24,626 最終更新日 2022.01.11 登録日 2022.01.11
また一人、キャサリンの美貌に陥落した。 今回、私の元にやっていたのは騎士団トップの象徴である赤マントを羽織ったアイゼン様。他の騎士達や貴族令息のように姉を紹介してほしいとやってきたのである。 顔良し、血筋よし、武力よし。 軍事力を重視するこの国では貴族の権力と並んで重要視されるのは武術であり、アイゼン様は将来性がズバ抜けている。 普通なら声をかけられて喜ぶところだけど、私達は違う。キャサリンを嫁入りなんてさせられない。 だってキャサリンは11年前に私と入れ替わった双子の弟なのだから! 顔見せもデビュタントも入れ替わったままで切り抜けたけど、いつまでも入れ替わったままではいられない。これを機に再度の入れ替えを試みるが、アイゼン様の様子がおかしくてーー
24hポイント 42pt
小説 15,920 位 / 143,905件 恋愛 7,548 位 / 44,923件
文字数 123,944 最終更新日 2021.12.31 登録日 2021.10.03
「ウェリア、は、その……どんな菓子が好きなんだ?」 こんな問いかけをされるのは十年間の婚約者生活で初めてだ。一体どんな心境の変化だろうか。本人も慣れていないからか視線が泳いでいる。突然の質問に、思わずずっと我慢していた言葉が漏れてしまうも、彼は優しく微笑んだ。 「菓子くらいで気にするな。婚約者だろう」 心を許した相手には塩対応なオリヴァー王子が、外向けの笑顔を見せたのだ。頭が真っ白になり、その後はどんな話をしたのか覚えていない。それでも捨てられたことは理解した。彼は最近懇意にしているスーミン様に切り替えるつもりなのだろう。
24hポイント 28pt
小説 19,796 位 / 143,905件 恋愛 9,129 位 / 44,923件
文字数 12,705 最終更新日 2021.12.03 登録日 2021.12.03
「ニーナ=ベネット。お前は聖女の身分を偽り教会入りしただけでは飽き足らず、陛下や我が弟をたぶらかしたとして国外追放を言い渡す!」 第一王子は胸を張って堂々と言い張る。だが身分を偽ったという証拠もなければ、陛下達を誑かしたという証拠もない。二人に確認すら取っておらず、今回の件は第一王子の独断で動いたようだ。国の宝である聖女を国外追放しようというのに、証拠もなしとは呆れて声も出ない。ニーナが能力を公にしていないのには理由があり、事情を知っている宰相は静観を決め込んでいる。だが宰相に裏切られるとは考えづらい。考えられるのはこれを利用した第一王子の切り捨てである。
24hポイント 28pt
小説 19,796 位 / 143,905件 恋愛 9,129 位 / 44,923件
文字数 12,356 最終更新日 2021.12.02 登録日 2021.12.02
「スターシャ、お前との婚約を破棄する!」 卒業式も終わり、パーティー会場へと移ろうかという時に、ソギア王子は婚約破棄を宣言した。身内だけ集まった場ならいざ知らず、学園の講堂には多くの生徒や保護者達が残っている。祝いの場でなぜそんな辛気くさい話をしなければならないのか。 「理由をお聞かせ願えますか?」 今ならまだ間に合いますよ。周りをよく見てください、との意味を込めた言葉はスルーされ、王子は婚約破棄理由として非常にマズイ言葉を並べた。馬鹿だとは思っていたが、ここまでとは思わなかった。今回はさすがにフォローのしようがないので、婚約破棄書類にサインしてささっと逃げることにした。
24hポイント 63pt
小説 12,825 位 / 143,905件 恋愛 6,083 位 / 44,923件
文字数 10,944 最終更新日 2021.11.22 登録日 2021.11.22
リンファスの夫、ジュードには変態趣味がある。 自らを馬と呼び、もう十数年も前にやっていた子どもの遊び『おうまさんごっこ』をまた二人でやろうというのだ。かつて使用人の子どもとしてメルビン家に来ていた彼を自分の馬にしていたことは、リンファスにとっては黒歴史。だがジュードにとってはそうではなかったらしい。毎晩、自分の上に乗ってくれとリンファスの元へとやってくる。 そんな彼と結婚するなんて想像もしていなかった。 なにせリンファスには子どもの頃から決められていた婚約者がいて、各所に結婚式の招待状まで送っていたのだから。 ※全10話 完結まで予約投稿済
24hポイント 28pt
小説 19,796 位 / 143,905件 ファンタジー 3,286 位 / 34,654件
文字数 16,199 最終更新日 2021.11.18 登録日 2021.11.18
恋愛 完結 長編 R18
恋愛結婚をした家族のように、私も将来は好きな人と結婚するのだと思っていた。けれど天災続きで膨れ上がった借金のカタとして、カリバーン公爵家へ引き取られることとなったーーのだが、なぜかカリバーン家に嫁いできたと勘違いされている。とはいえ、借金返済のためなら使用人としてでも、妻としてでもカリバーン家に尽くす覚悟である。 「それで私はどなたと結婚すればいいのでしょう?」 「…………私だ。私と結婚してほしい」 「本気ですか?」 「初めて会った時から君を忘れられなかった」 「……ラウス様とお会いしたのは一昨日が初めてですよね?」 ご令嬢達の間で人気のラウス様は、私と誰か他の令嬢とを勘違いしているらしい。だが当家はカリバーン家に借金があり、人違いだとしても申し出を断るわけにはいかない。その『誰か』が判明するまでしっかりと勤めを果たさせて頂きます! ※全51話 ★マークが付いている話は性描写を含みます ※10/30追記:21話と22話の間の一話分がごっそり抜けていることが分かり、21.5話として追加しました。すみません( ;∀;)
24hポイント 752pt
小説 1,947 位 / 143,905件 恋愛 960 位 / 44,923件
文字数 156,668 最終更新日 2021.10.30 登録日 2021.10.20
BL 完結 短編 R18
ウサギ獣人のダリュカは幼馴染みのキルシュカに連休の予定を開けておくように言われた。行き先すら告げず勝手に予定を組まれるのはよくあることだ。またキルシュカの思い付きかと二日分の着替えを用意しておくことにしたダリュカだったが、連休になってようやく自分の過ちに気づいた。なにせダリュカが連れてこられたのはお城で、城内では『王子孕ませ計画』なんて狂った計画が行われることになっているのだから。
24hポイント 21pt
小説 22,924 位 / 143,905件 BL 4,735 位 / 16,424件
文字数 29,593 最終更新日 2021.10.23 登録日 2021.10.23
BL 完結 短編 R18
とある不憫王子が狼獣人を拾った話。
24hポイント 0pt
小説 143,905 位 / 143,905件 BL 16,424 位 / 16,424件
文字数 8,637 最終更新日 2021.10.20 登録日 2021.10.20
BL 完結 短編 R18
ミーシェは兄から告げられた言葉に思わず耳を疑った。 「リストにある全員と子を成すか、二年以内にリーファスの子を産むか選べ」 リストに並ぶ番号は全部で十八もあり、その下には追加される可能性がある名前が続いている。これは孕み腹として生きろという命令を下されたに等しかった。もう一つの話だって、譲歩しているわけではない。
24hポイント 56pt
小説 13,661 位 / 143,905件 BL 2,892 位 / 16,424件
文字数 6,149 最終更新日 2021.10.20 登録日 2021.10.20
BL 完結 短編 R18
ガルダは起きてすぐに尻の違和感に気づいた。そして自分の犯した過ちを知った。
24hポイント 7pt
小説 32,252 位 / 143,905件 BL 6,913 位 / 16,424件
文字数 14,120 最終更新日 2021.10.20 登録日 2021.10.20
BL 完結 短編 R18
「俺は種馬なんて御免だ」 その言葉にパトリックの目の前は真っ白になった。
24hポイント 14pt
小説 26,944 位 / 143,905件 BL 5,566 位 / 16,424件
文字数 7,109 最終更新日 2021.10.20 登録日 2021.10.20
イーディスは海のように真っ青な瞳を持つ少年、リガロに一瞬で心を奪われた。彼の婚約者になれるのが嬉しくて「祖父のようになりたい」と夢を語る彼を支えたいと思った。リガロと婚約者になってからの日々は夢のようだった。けれど彼はいつからか全く笑わなくなった。剣を振るい続ける彼を見守ることこそが自分の役目だと思っていたイーディスだったが、彼女の考えは前世の記憶を取り戻したことで一変する。※執筆中のため感想返信までお時間を頂くことがあります。また今後の展開に関わる感想や攻撃的な感想に関しましては返信や掲載を控えさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。
24hポイント 63pt
小説 12,825 位 / 143,905件 恋愛 6,083 位 / 44,923件
文字数 400,010 最終更新日 2021.09.27 登録日 2021.02.24
BL 完結 短編 R18
週末の夜、酒場に現れる男に今日も告白をする。
24hポイント 0pt
小説 143,905 位 / 143,905件 BL 16,424 位 / 16,424件
文字数 6,933 最終更新日 2021.02.18 登録日 2021.02.18
54 123