婚約者の幼馴染に殺されそうになりました。私は彼女の秘密を知ってしまったようです。

選ばれた貴族の令嬢・令息のみが通うことを許される王立高等貴族院で、私は婚約者のチェスタスと共に楽しい学園生活を謳歌していた。

しかし、ある日突然転入してきたチェスタスの幼馴染――エミリーナによって、私の生活は一変してしまう。それまで、どんな時も私を第一に考えてくれていたチェスタスが、目に見えてエミリーナを優先するようになったのだ。

チェスタスが言うには、『まだ王立高等貴族院の生活に慣れてないエミリーナを気遣ってやりたい』とのことだったが、彼のエミリーナに対する特別扱いは、一週間経っても、二週間経っても続き、私はどこか釈然としない気持ちで日々を過ごすしかなかった。

そんなある日、エミリーナの転入が、不正な方法を使った裏口入学であることを私は知ってしまう。私は間違いを正すため、王立高等貴族院で最も信頼できる若い教師――メイナード先生に、不正の報告をしようとした。

しかし、その行動に気がついたエミリーナは、私を屋上に連れて行き、口封じのために、地面に向かって突き落としたのだった……
24hポイント 4,687pt
小説 429 位 / 111,727件 恋愛 233 位 / 32,161件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

無実の罪で投獄されました。が、そこで王子に見初められました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1895pt お気に入り:3410

最狂公爵閣下のお気に入り

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:53549pt お気に入り:8514

探さないでください。旦那様は私がお嫌いでしょう?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:960pt お気に入り:4776

愛する貴方の心から消えた私は…

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:141066pt お気に入り:5785