優しいマッチョ先輩とみたらし

マッチョの松田先輩ときれいだけど実は腹黒毒舌の百合先輩。
同期のいない私 鴻島みどりはふたりに仲良くしてもらってます。
会社でも並びの席で、飲み会でもたいてい三人一緒にいて。
優しい松田先輩にはお酒を勧められます。
飲み足りない顔をしてると思います。だって私は飲めるんです!
だけど三杯まで、お外では三杯までって決めてます。
今日も部屋で一人二次会。
だって恋活中の私はあふれる期待を胸に参加した飲み会で・・・まったく意識もされず。

なかなかうまくいかない恋活中の私。
どうしてなんでしょうか?
そんなにダメですか?

長い間掲げていた恋活中の看板、やっと下ろすことが出来ます。

緑のちょっと変な恋愛事情の話です。
24hポイント 28pt
小説 9,110 位 / 48,665件 恋愛 3,189 位 / 11,575件