1916年帆装巡洋艦「ゼーアドラー」出撃す

 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・アルベルト・フォン・プロイセンは、かつてドイツ皇帝ヴィルヘルム2世と呼ばれたが、世界第一次大戦の混乱から生じたドイツ革命の最中、オランダに亡命して退位。

 今は、少数の謹慎と共にオランダユトレヒト州ドールンで、趣味として伐採する安楽な日々を過ごしているが、少々退屈であった。

 そんな折、かつての寵臣より招待状が届いた。

 その招待に応じ、ヴィルヘルムは、古びた救世軍のホールに足を運ぶ。



 世界第一次大戦時、アラビアのロレンスと並び評されるソルジャー オブ フォーチューン(冒険家軍人) フェリックス・フォン・ルックナーの戦記、ご観覧くださいませ。
24hポイント 0pt
小説 120,799 位 / 120,799件 歴史・時代 1,397 位 / 1,397件