生まれてすぐ劣等種と追放された俺が他国の王子の番として溺愛されて幸せになるまで

レノは劣等種のヒト族。冒険者だ。唯一人の肉親である母親は、『戦女神(ワルキューレ)』の称号を持つ大剣使いの冒険者だったが、レノが12の春にドラゴン討伐に向かって帰ってこなかった。
レノには母ほどの剣才はなかったが、その代わり俊敏さと魔法の才能があった。魔法剣士としてその日暮らし、自由気ままに人生を謳歌していた時、黒いローブの男に拘束される。愛を囁きながら調教する男はいったい何者なのか。そして、その男は、レノの本当の出自を知っていたのだ。

【令和4年3月13日改題しました】
24hポイント 440pt
小説 2,992 位 / 144,188件 BL 612 位 / 16,455件