スイッチ

中学生の僕は祖母と二人きりで生活をしている。
週末、祖母二人で桜を見に行こうと予定を立て心が踊っていた。

しかし、帰宅したとき、祖母が倒れていてそれどころではなくなってしまう。

病院に行くと油断はできないと言われてしまい、僕は祖母が居なくなってしまうと不安な気持ちに襲われていた。

そんな僕のもとへスイッチが送られてきた。
押せば願いが叶う。
けれど、願いの大きさと同じだけの物をこの世の誰かが失ってしまうという内容の手紙も入っていた。

僕は迷わず祖母の為にスイッチを押した・・・。
24hポイント 0pt
小説 126,072 位 / 126,072件 大衆娯楽 4,620 位 / 4,620件