その心の声は。

ある日男は一つのスマホを拾った。
それは心を検索でき、心を読めるスマホ。
彼は落とし主を探す内、一人の女性に行き着いた。彼女はそのスマホを開発した研究員だった。
彼はスマホを返そうとするが、彼女の心を読み、交流するうちに彼女に恋してしまう。
そんな夢のスマホを手に入れたら人はどうするのか、を小説にしました。
第一章と第二章の二部構成になっています。
第一章は読心を巡っての大人の恋愛を描きました。
第二章は読心スマホを手に入れようとするテロリストと公安調査庁、CIAと、そして読心スマホを手に入れたサラリーマンと、四つどもえでそのスマホを巡る争奪戦を繰り広げる作品となっています。

第一章 登場人物

佐藤雄大   都内居住のサラリーマン。
       ある日新型スマホの試作品を拾う。
鈴木雫    スマホの開発研究員で新型スマホの元持ち主。

第二章 登場人物

神谷大輔   広告代理店社員。
       新型スマホの試作品を手に入れて事件に巻き込まれる。
剣崎竜二   公安調査庁職員。
       スカイハックメンバーと神谷を追うチームのリーダー。
佐藤雫    ゴーグル東京支社の研究員。
       読心スマホの生みの親。旧姓鈴木雫。
ジョージ   米国CIAの日本エージェント。
       読心スマホを駆使してスカイハックを追う。
橋本流星   公安調査庁職員。剣崎の部下。若いが沈着冷静。
伊村忠    スカイハックメンバー。国籍は日本。
       読心スマホを狙う。
劉玄英    スカイハックメンバー。国籍は中国。
       頭脳明晰。
牧野直哉   スカイハックメンバー。国籍は日本。
       スカイハックでも下っ端。
落合健作   ゴーグル東京支社の社員。
       雫との出世競走に破れ、同社の機密を漏らす。
24hポイント 0pt
小説 144,264 位 / 144,264件 ライト文芸 6,112 位 / 6,112件