獅子王と海の神殿の姫

 二つの王国が戦乱にあった頃。
 小さな島国イノイル王国の王女キセは王都を遠く離れ、海の女神の神官として祈りを捧げながら暮らしていた。
 そんなある日、彼女の暮らす神殿へ月神を思わせるような美貌の青年が現れる。
 青年は敵国エマンシュナ王国の王太子テオドリックと名乗り、キセにこう告げた。
「あんたを俺の妻にする」
 テオドリックは驚くキセの唇を奪い、神殿から連れ出した。
 戦乱を終わらせ、自らが玉座に就くために――。

架空の中世西洋世界を舞台に繰り広げられるヒストリカルロマンス。マルス大陸物語 第3弾。
24hポイント 56pt
小説 15,121 位 / 149,064件 恋愛 7,182 位 / 46,994件