俺のうちにもダンジョンができました

「今日もいい天気だ。青い空をみあげながら平和をかみしめた。目の前には大きな穴もとい悩みはあるが・・・」
とつぶやくのは、神崎達也27歳、北海道在住、ごくごく平凡な独身男。大地震の後、草刈り中に洞穴を発見、とびだしてきた一匹の謎の生物を偶然倒したが謎の生物は水晶のようなものを残し消えてしまった。そこで洞穴の探索を始めるが、洞穴はちょっと変わった魔物(スライム)などが様々なアイテムになる特化ダンジョンだった。基本的にボッチですが相棒もでき、まわりに人も集まり騒がしくなってきます。まったりスローペースなダンジョン冒険小説です。初投稿です。
24hポイント 35pt
小説 15,355 位 / 125,670件 ファンタジー 2,738 位 / 32,325件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

転異世界のアウトサイダー 神達が仲間なので、最強です

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:9261pt お気に入り:8704

現代にダンジョンが出来たけど思ったより馴染んでいるようです

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:43

もううんざりですので、実家に帰らせていただきます

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:125103pt お気に入り:1321

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:122355pt お気に入り:20109

女神のチョンボで異世界に召喚されてしまった。どうしてくれるんだよ?

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:397pt お気に入り:1500