生贄の姫と黄昏の国


ある所に、幽閉されたお姫様がいました。お姫様は物心つく前から地下に閉じ込められ、親の顔も見た事がありません。
そんなお姫様が16歳になった時の事です。

お姫様の国は、酷い状況に陥りました。そして幽閉されたお姫様は、国を救う為に、その身を捧げる事になったのでした。


───が。

「あ、気付きました?」

どうやら、まだ生きているようなのです。どうやら、誰かが拾ってくれたよう。

「拾ってくれた方っていうのが──」


深紅の瞳に夜空色の髪。どうして貴方は、私を拾ってくれたのでしょう。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※「Prolog」「Episode.0」は1日置き、その後不定期更新となります。



R15は念の為です。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
5/6 22:00 一部タグ変更しました。
24hポイント 0pt
小説 80,479 位 / 80,479件 恋愛 21,442 位 / 21,442件