両親と妹はできそこないの私を捨てました

雪元千愛(ゆきもとちさ)は将来を期待されたピアニストだった。
幼いころから天才と呼ばれ、高校も音楽科へと進んだ。
突然、弾けなくなった千愛は卒業後、音楽とは無縁の道を選択する。
そんな千愛を妹と両親は「できそこない」「落ちこぼれ」「失敗作」と千愛を馬鹿にしていた。
家を出て大学を卒業し、普通の会社員になった千愛は行きつけのカフェで一人の男性店員と出会う。
そのカフェ店員の正体は―――


★R18には※R-18マークをつけます。とばして読むことも可能です。
★視点切り替えあり。
24hポイント 113pt
小説 9,897 位 / 148,862件 恋愛 4,711 位 / 46,847件