たとえ番でないとしても

「ディアナ王女、私が君を愛することはない。私の番は彼女、サギニなのだから」
「違います!」

私は叫ばずにはいられませんでした。

「その方ではありません! 竜王ニコラオス陛下の番は私です!」

──番だと叫ぶ言葉を聞いてもらえなかった花嫁の話です。

※1/4、短編→長編に変更しました。
24hポイント 7,426pt
小説 276 位 / 96,254件 恋愛 158 位 / 26,537件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

なんでも欲しがる妹は、姉の婚約者を奪おうとして自滅してゆく

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:140332pt お気に入り:2464

嫌われた令嬢、ヒルダ・フィールズは終止符を打つ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:4367pt お気に入り:207

家の猫がポーションとってきた。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1207pt お気に入り:800

ライ麦パンで朝食を

BL / 連載中 24h.ポイント:3899pt お気に入り:78

邪魔者は毒を飲むことにした

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:44085pt お気に入り:13940

婚約破棄されました 本気出していいですよね

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:116959pt お気に入り:5836

実の家族よりも、そんなに従姉妹(いとこ)が可愛いですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:70902pt お気に入り:10732

転生令嬢と数奇な人生を

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:7597pt お気に入り:5072