完璧な妹に全てを奪われた私に微笑んでくれたのは

ファーレン王国の大貴族、エルガルド公爵家には二人の姉妹がいた。
長女セシルは真面目だったが、何をやっても人並ぐらいの出来にしかならなかった。
次女リリーは逆に学問も手習いも容姿も図抜けていた。
リリー、両親、学問の先生などセシルに関わる人たちは皆彼女を「出来損ない」と蔑み、いじめを行う。

そんな時、王太子のクリストフと公爵家の縁談が持ち上がる。
父はリリーを推薦するが、クリストフは「二人に会って判断したい」と言った。
「どうせ会ってもリリーが選ばれる」と思ったセシルだったが、思わぬ方法でクリストフはリリーの本性を見抜くのだった。
24hポイント 660pt
小説 2,419 位 / 127,963件 恋愛 1,273 位 / 38,015件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

その“婚約破棄”を待ち望んでおりました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:773pt お気に入り:3181

私、悪役令嬢のはずなんですが....

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:340pt お気に入り:4649