鑓水商人の末裔達

1959年・橫浜港が開港した頃、山梨、群馬、長野、埼玉からの生糸が、八王子絹の道を経て、
横浜港に集まるようになった頃、八王子は生糸の一大集積地であり、桑都と呼ばれた。近くの鑓水村には、
鑓水商人と呼ばれた商才に長けた人々がいて、文明開化の夜明け、1859(安政6)年の横浜開港をきっかけに、この地で生産された生糸は、絹の道を通じて横浜へ運ばれ、彼らは鑓水と世界を仲買する役割を
担いました。
その鑓水商人の末裔が、橫浜の生糸商店で成功して、やがて、船でフランスのマルセイユに渡り、
商売を始め、子供、孫、ひ孫達が、活躍して、欧州、米国、日本で貿易をして、大きくなって行った、
歴史を書いた小説です。是非、ご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 53,331 位 / 53,331件 経済・企業 143 位 / 143件