恋愛 国が崩壊小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 国が崩壊×
5
1
恋愛 連載中 短編
「余はカチュアとの婚約を破棄する」  王太子殿下に一方的に婚約を破棄されたのは、公爵家令嬢のカチュア・サライダだった。  彼女は前世の記憶を持って転生した、水乙女という、オアシス王国にはなくてはならない存在だった。  精霊に祈りを捧げ、水を湧かせてもらわないと、国が亡ぶのだ。  だが事情があって、カチュアは自分は水乙女であることを黙っていた。  ただ、愛する人や民の為に祈り続けていた。  カチュアとの婚約解消を言い放った王太子殿下は、自分に相応しい相手は水乙女しかいないと、一人の女性を側に侍らせるのだった。
24hポイント 34,503pt
小説 44 位 / 57,756件 恋愛 27 位 / 13,794件
文字数 43,033 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.09.15
2
恋愛 連載中 長編
『お前との婚約を破棄する!』 そう、国の王太子様に理由をでっち上げられ、一方的に告げられた侯爵令嬢——ミレア・フィルドは己の前世の記憶を受け継いだ稀有な存在であった。 それは『聖女』と呼ばれ、生きてきた記憶。 世界には多くの魔物と呼ばれる存在が何処かしらで身を潜めており、ミレアは己の前世が『聖女』であったからという理由で人知れず王国全体に聖女のみが扱えると伝えられていた聖結界を張り続けていたのだが——。 彼女との婚約を破棄した王太子様の口から飛び出したものは「聖女の生まれ変わりである彼女こそが僕の婚約者に相応しい」そんな言葉と共に紹介された一人の少女であった。
24hポイント 16,630pt
小説 97 位 / 57,756件 恋愛 55 位 / 13,794件
文字数 64,754 最終更新日 2019.10.16 登録日 2019.09.02
3
恋愛 完結 短編 R15
題名を「聖女の男爵令嬢と辺境伯公子は、色魔の王太子にむりやり婚約破棄させられた。」から変更しました。  聖魔法の使い手である男爵令嬢・エマ・バーブランドは、寄親であるジェダ辺境伯家のレアラ公子と婚約していた。  幸せの絶頂だったエマだが、その可憐な容姿と聖女だと言う評判が、色魔の王太子の眼にとまってしまった。  実家を取り潰すとまで脅かされたエマだったが、頑として王太子の誘いを断っていた。  焦れた王太子は、とうとう王家の権力を使って、エマとレアラの婚約を解消させるのだった。
24hポイント 4,927pt
小説 297 位 / 57,756件 恋愛 130 位 / 13,794件
文字数 28,491 最終更新日 2019.10.16 登録日 2019.09.21
4
恋愛 完結 ショートショート R18
いわれのない不条理な理由で婚約破棄だけでなく国までも追放されてしまった貴族令嬢のニーナ・ハインデッカーは他国の王子に偶然拾われたことでその王子の協力のもと、復讐を果たそうとする……
24hポイント 468pt
小説 2,095 位 / 57,756件 恋愛 881 位 / 13,794件
文字数 1,270 最終更新日 2019.09.29 登録日 2019.09.26
5
恋愛 完結 ショートショート
わたしはこの国で一番になった。つまりこの国で最も優れたギフトを持っていたということだ、しかしこの国のトップはそれが気に入らなかった。わたしは嫉妬心の対象となった。そして政治的な動きが生じていたことに気付くことができなかった、突然の婚約破棄に加えそしてわたしは国を追い出された。絶対に許さない、絶対に、絶対にだ!!
24hポイント 305pt
小説 2,906 位 / 57,756件 恋愛 1,151 位 / 13,794件
文字数 5,279 最終更新日 2019.09.20 登録日 2019.09.18
5