幕末~明治初期小説一覧

タグ 幕末~明治初期×
2
 常世には常葉という妹がいた。  妹は戊辰戦争で土方の小姓市村鉄之助に扮して箱館戦争に加わった。  その妹を陰から守っていたのが、兄である常世だ。  妹を守るために身につけたたくさんの術。しかしもうそれも必要ない。  常葉は土方と生きることを決めたからだ。  常世は妹の常葉に代わって市村鉄之助になり変わり、土方の遺品を持って東京は日野へ。  遺品の全てをを届けたら、異国にでも渡ろうか。  妹を守るという支えをなくした常世は、半ば人生を諦めかけていた。  そんな時に噂に聞いた残党狩りに遭遇する。  狩られようとしていたのは元新選組隊士の十羽(とわ)という女だった。残党狩りのやり口と、十羽が妹と重なって反射的に助け出す。 「自分の人生を生きなさい」 「俺の、人生……」  これは、常世と十羽の旅恋物語である。 ※小説家になろう、カクヨムにも投稿しています。
24hポイント 149pt
小説 7,410 位 / 119,513件 歴史・時代 44 位 / 1,400件
文字数 84,470 最終更新日 2021.06.02 登録日 2021.05.31
主人公:千葉さな子 18才で異世界に飛ばされる、 (設定はフィクション) さな子は、坂本龍馬に惚れていた 「龍馬にきっと迎えに戻る」 その言葉を守る為、突然召喚された異世界から、日本に戻るが時代は既に変わっていた、 異世界で過ごした時間は5年、 元の世界と同じ時の流れなら、まだ龍馬は海援隊を作ってさえいなかった筈だ。 だが、さな子が帰ってきた日本は江戸が終わり、明治時代になっていた。 龍馬が別の女と結婚し、しかも、さな子が日本に転移した影響なのか?日本には魑魅魍魎が現れる世界へと変貌していた 千葉道場は兄の定吉の出世によりとある大名の指南役として召し抱えられていた その性格は真っ直ぐ、 その腕前は強烈、 主君である大名が幕末に取り残されず、華族となった事で千葉家もまた姓名を変え華族となっていた。 明治時代の日本に帰還した、さな子は異世界から連れ帰った男と共に、千葉道場に向かうが、 そこに会ったのは千葉道場ではなく久宝院という華族の館だった 帰る家も無くなり、 愛する人も既に世を去った。 だが、、、、館の中にいた、一人の年老いた老人が、館の中から門の前に現れた女性の顔を見て驚き、直ぐに召使いをやりに行かせる しばらく、門の前で頬を濡らしたさな子だが、場所を移動しようと、向きを変えた時、 久宝院家の門が開き、さな子は呼び止められる 自分は千葉家のものだと説明するが、とにかく中へ、旦那さまが呼んでいるという言葉に従い、 さな子は、従者の男ともに、久宝院家の館に入っていく。 久宝院沙那子の人生はここから始まった。
24hポイント 0pt
小説 119,513 位 / 119,513件 ファンタジー 31,286 位 / 31,286件
文字数 10,080 最終更新日 2021.06.07 登録日 2021.06.04
2