青春恋愛賞小説一覧

タグ 青春恋愛賞×
9
1
恋愛 完結 短編
男目線で描かれた恋しさと愛しさを描かれる恋愛小説。主人公は可愛い顔してモテていたが、その心の中は悪態をついてばかり。そんな彼にも、好きな人ができました。けどその好きな人には忘れられない人がいて……。 (基本、毎週土曜日に更新)
24hポイント 14pt
小説 17,286 位 / 84,859件 恋愛 7,032 位 / 22,612件
文字数 17,780 最終更新日 2019.01.19 登録日 2019.01.01
2
恋愛 連載中 長編 R15
初恋は実らない。 それは昔から言われてきたジンクスのようなもの。 それは私、宇佐美爽香にとって心の痛い問題だった。 生まれる前から決められた婚約者との結婚式当日。 結婚相手である婚約者が私ではない彼の最愛の彼女との逃避行の果ての事故死。 その事実を知りショックから気を失い目覚めたらなんと彼と出会う少し前の私、5歳の誕生日まで逆行していた。 驚く私だけど、この逆行現象に私は一縷の望みを見つけた。 彼は私の物にはなってくれないけれど、大好きな彼を死という形で失うくらいなら生きていて欲しい。 だから私は決めたんだ。 彼を守るためにこの二度目の人生を愛する彼に捧げると。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 11,828 最終更新日 2020.02.05 登録日 2020.01.30
3
恋愛 連載中 短編 R18
魚を食べたら勃起してしまう奇病を抱えた青年の物語です。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 1,095 最終更新日 2020.01.10 登録日 2020.01.10
4
恋愛 連載中 長編
 仕事に疲れ果てていた主人公は暴走するトラックから女の子を助けるっために、自分に身を犠牲にしてしまった。 そして気がつくと女の子になってしまっていた。 そんな主人公が小学生として過ごす笑いあり、涙ありのお話し。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 14,980 最終更新日 2019.02.07 登録日 2019.01.29
5
恋愛 完結 長編 R15
異世界を行ったり来たりしてしまう 異世界勇者の飛騨 巧と 高校に入学したらバンド活動を始めて青春を謳歌しようと意気込む桜井 琥珀が出会い、恋する。 異世界の厳しさ、部活の先輩と後輩との関係、またバンドのメンバーとの衝突など思春期のむず痒さを前面に押し出したラブコメものです
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 80,359 最終更新日 2019.02.04 登録日 2019.01.28
6
恋愛 連載中 長編
近所じゃ仲良し幼なじみで有名だった私達。 それなのに、ある日を境に彼は突然冷たくなった。 「うるせーな…近寄んなよ」 毎日吐かれる暴言と冷たい態度。 だけど、そんな彼はときどき私に甘さを見せる。 「…奏、ごめんな」 いつもは冷たいくせに、たまに見せるその優しさは一体なに? 幼なじみの切ない青春ラブストーリー
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 4,800 最終更新日 2019.02.02 登録日 2019.01.31
16歳の体育祭、大好きな写真を撮るために張り切っていた柚子は、なによりも一生懸命な彼に初めての恋をする。 恋愛なんてしたことのない二人の淡い青春物語。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 95,532 最終更新日 2019.01.28 登録日 2019.01.28
8
恋愛 連載中 短編
題名の通り、結末から書いていきます。 面白いかどうかは最後まで読んでから決めてもらえるとうれしいです。 あまり詳しくは書きません。ストーリーを想像してもらい、それぞれの違った解釈があるような小説も面白くないですか?
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 3,906 最終更新日 2019.02.22 登録日 2019.01.13
9
恋愛 完結 長編
『だから、翊暉《あきら》さん。あなたが私を殺してよ』 風邪のようにひどく嗄れた声を持って生まれてきた愛叶《みか》。 気持ち悪いこんな声いらない…。 人とは違う声を持ったため、それをコンプレックスに思っている。そしていつからか、携帯の音声アプリが声を出さない彼女の〔声〕になった。 高二の11月。星空を見るのが日課だったミカは、地元では知らない人はいない『神津《こうづ》組』の頭《かしら》であるアキラに声を掛けられた。 どんなに拒んでも、アキラは関わってくることをやめない。 しかしある時、彼女自身の「声」で発せられた言葉。そのお願いにアキラは────!? 愛されずに育てられた少女と愛情一杯に育てられた青年。正反対でどこか似ている二人が出逢い、紡いでいく恋愛物語。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 恋愛 22,612 位 / 22,612件
文字数 118,692 最終更新日 2020.08.11 登録日 2017.11.06
9