登龍乃月

登龍乃月

とりゅうのつきと読みます。2019年4月に【欠陥品の文殊使いは最強の稀少職でした。】を書籍化させて頂きました。基本的には主人公最強のハイ・ファンタジーを書いております。よろしくお願いします。
7
ダンジョン探索者をプレイヤーと呼び、そのプレイヤーを殺す人達をプレイヤーキラー【PK】と呼ぶ。 重賀虎能充はそんなPK共を駆逐して回るプレイヤーキラーキラー【PKK】として毎日ダンジョンに潜っていた。 【ダンジョン内で銃火器は使用できない】という制約を無視し、唯一銃が使える存在として人知れず最強の男となった虎能充は、ある日いつも通りにPKを狩っていた所、PKに襲われていた女性を助けた。 ところが助けた女性は、大人気ダンジョンアイドルのセンターを務める超有名人、佐藤祈だった。 助けた際に流れていた生放送により一躍時の人となってしまった虎能充だったが、本人はそんな事気にもせず愛銃ブラックサレナと共に我が道を行くのだった。 ある時、たまたま再会した虎能充と祈。 祈は虎能充の強さに惹かれ、自分達アイドルグループのコーチングを願い出る。 アイドルらしからぬ過酷な鍛錬が始まるが、時の人となった虎能充の強さを放っておくわけがない者達もまた、接触を図るべく動き出す。 *タイトル迷走中につき、変更される事があります。
24h.ポイント 989pt
小説 1,209 位 / 185,072件 ファンタジー 245 位 / 42,524件
文字数 81,468 最終更新日 2024.05.23 登録日 2024.04.30
旧題:捨て駒にされた雑用テイマーは史上最強の森羅万象の王に覚醒する  王国最高峰とされるS級冒険者パーティ【ラディウス】 元王国戦士長である勇者バルザック、齢十五にして大魔導の名を持つ超天才リン、十年に一度の大聖女モニカ、元グラディエーターであり数々の武勲を持つ重戦士ダウンズ、瞬弓と呼ばれ狙った獲物は必ず狩るというトップハンタージェニスがそのメンバーである。  そしてそこに雑用係兼荷物持ちテイマー、として在籍するアダム。  アダムは自分の価値の低さを自覚し、少しでも役立てるようにとパーティの経費精算、宿の手配、武器防具のメンテナンス、索敵、戦闘、斥候etc……を一手に引き受けていた。  しかしながらラディウスメンバーからの待遇は冷酷で冷淡、都合の悪いことや不平不満の矛先は全てアダムへと向き、罵声や暴言は日常茶飯事であった。  慈悲深い大聖女であるモニカからも「パーティを抜けるべき」と突き放されてしまう。  ある日S級ダンジョンへ挑戦したラディウスだったが、強大なボスの前に力なく敗走を喫する。  そして——ボスの足止めとしてアダムが生贄に選ばれ、命を散らしそうになった時、アダムは世界の【王】として覚醒する。    
24h.ポイント 475pt
小説 2,377 位 / 185,072件 ファンタジー 435 位 / 42,524件
文字数 276,077 最終更新日 2024.05.22 登録日 2020.09.20
「どうしてこうなった」  十歳のある日、この日僕は死ぬ事が決定した。  地水火風四つの属性を神とする四元教、そのトップであり、四元教を母体とする神法国家エレメンタリオの法皇を父とする僕と三人の子供。  法皇の子供は必ず四ツ子であり、それぞれが四つの元素に対応した魔法の適性があり、その適性ランクはSクラスというのが、代々続く絶対不変の決まり事だった。  しかし、その決まり事はこの日破られた。  破ったのは僕、第四子である僕に出るはずだった地の適性ランクSが出なかった。  代わりに出たのは鉱石魔法という、人権の無い地の派生魔法のランクS。  王家の四子は地でなければ認められず、下位互換である派生魔法なんて以ての外。  僕は王族としてのレールを思い切り踏み外し、絶対不変のルールを逸脱した者として、この世に存在してはならない存在となった。  その時の僕の心境が冒頭のセリフである。  こうした経緯があり、僕としての存在の抹消、僕は死亡したということになった。  そしてガイアスという新しい名前を授けられた上で、僕は王族から、王宮から放逐されたのだった。  しかしながら、派生魔法と言えど、ランクSともなればとんでもない魔法だというのが分かった。  生成、複製、精錬、創造なども可能で、鉱石が含まれていればそれを操る事も出来てしまうという規格外な力を持っていた。    この話はそんな力を持ちつつも、平々凡々、のどかに生きていきたいと思いながら旅をして、片手間に女の子を助けたり、街を救ったり世界を救ったりする。  そんなありふれたお話である。 --------------------- カクヨムと小説家になろうで投稿したものを引っ張ってきました! モチベに繋がりますので、感想や誤字報告、エールもお待ちしています〜
24h.ポイント 35pt
小説 17,690 位 / 185,072件 ファンタジー 2,484 位 / 42,524件
文字数 66,513 最終更新日 2023.09.20 登録日 2023.08.19
「もううんざりだ。俺は軍を抜ける。王国なぞ知ったことか!」 「ふん、無駄飯食らいの給料泥棒なぞこっちから願い下げだ! さっさと出て行け!」  ブラックすぎる王国軍の対応に嫌気が差した俺は軍部トップや、貴族のお歴々の面々に中指を立てて自主脱退を申し出た。  ラスト家は親子三代にわたり召喚士としてテイル王国軍を支えてきた一家であり、クロード・ラストは三代目である。  テイル王国はモンスターを軍に導入する事で、世界でも比類なき軍事力を手に入れていた。  軍部で使役されているモンスターはラスト家が召喚してきたモンスター。  その事実は長い年月の中で隠匿され、真実を知るものはごく少数であり、お偉方はそれを知らない。   「本当にいいんですね? 俺がいなくなったら、王国は終わりですが」 「虚勢はそれだけかね召喚士君。今やテイル王国は大陸一、軍を抜けるとなればむろん爵位も剥奪させてもらう」  最後通告を無視されたクロードは全ての仕事をほっぽり出し、魔界との境界近くにある田舎で暮らす事に決めた。  しかし軍部の機密保持のため、暗殺者に狙われて瀕死の重症を負ってしまう。  その時、一命を取り留めたクロードに前世の記憶が蘇り、前世もまたブラック企業に在籍し過労で命を落とした経緯を思い出す。 「貴様、ウチで働かんか」 「はい?」  魔界の境界で魔王軍にスカウトされたクロードは、ホワイトな環境に驚きながらも着々と地位を築き上げていく。  一方、クロードが抜けた穴は大きく、軍部にいたモンスター達が全て消失、兵士達が相次いで脱退するという事態になったテイル王国はクロードを探し、帰ってきてくれと懇願するが--。 「俺もう魔王軍と契約してるんで無理」  クロードは自業自得な王国を身限り、自分を正しく評価してくれる魔王軍を選び、魔王の覇道に手を貸すのだった。  これは虐げられ続けた影の大黒柱の転職活動記録と、世界を巻き込んだ騒乱の物語である。
24h.ポイント 0pt
小説 185,072 位 / 185,072件 ファンタジー 42,524 位 / 42,524件
文字数 136,817 最終更新日 2020.12.09 登録日 2020.10.08
「フィリア! お前のような卑怯な女はいらん! 即刻国から出てゆくがいい!」 「え? いいんですか?」  聖女候補の一人である私、フィリアは王国の皇太子の嫁候補の一人でもあった。  聖女となった者が皇太子の妻となる。  そんな話が持ち上がり、私が嫁兼聖女候補に入ったと知らされた時は絶望だった。  皇太子はデブだし臭いし歯磨きもしない見てくれ最悪のニキビ顔、性格は傲慢でわがまま厚顔無恥の最悪を極める、そのくせプライド高いナルシスト。  私の一番嫌いなタイプだった。  ある日聖女の力に目覚めてしまった私、しかし皇太子の嫁になるなんて死んでも嫌だったので一生懸命その力を隠し、皇太子から嫌われるよう塩対応を続けていた。  そんなある日、冤罪をかけられた私はなんと国外追放。  やった!   これで最悪な責務から解放された!  隣の国に流れ着いた私はたまたま出会った冒険者バルトにスカウトされ、冒険者として新たな人生のスタートを切る事になった。  そして真の聖女たるフィリアが消えたことにより、彼女が無自覚に張っていた退魔の結界が消え、皇太子や城に様々な災厄が降りかかっていくのであった。
24h.ポイント 42pt
小説 15,523 位 / 185,072件 ファンタジー 2,268 位 / 42,524件
文字数 75,475 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.10.08
恋愛 完結 長編
「キャロライン・リーブスランド! 君との婚約は無かった事にしてもらう! 分かったらさっさと私の前から消え失せろ!」  ある夜、婚約者であるケーニッヒ王子に招かれた舞踏会の最中に、突然の婚約破棄宣言をされるキャロライン。  ありもしない話を真実のように語るケーニッヒ王子の傍らには、怪しげにほくそ笑む公爵令嬢の姿があった。  罵倒の言葉や侮蔑の視線を一身に受けるキャロラインだが、彼女にはとある能力が備わっていた。  その力とは、リーブスランド家当主が代々受け継ぐ未来を知る予知能力。  父である先代当主が亡くなり、キャロラインに受け継がれたのは予知夢の力。  力に関して半信半疑でいたキャロラインだが、言い渡された婚約破棄宣言を始め、自分が見た舞踏会の夢の通りに事が運んでいくのを目の当たりにし、戸惑いながらも素直に受け入れていく。  自国であるヴィーヴル皇国へと帰ったキャロラインは、婚約破棄をプラスに捉える。  若くして伯爵家当主となったキャロラインには、色恋などを楽しんでいる余裕など無かったのだが……。  ある日のこと、ヴィーヴル皇国の皇太子や、貴族の嫡男などと出会ったキャロラインは、自分の思いとは裏腹に自らの能力と世界の荒波に翻弄されていくのだった。 *2019/08/21 改題しました。 2019/08/15小説カテゴリー、恋愛カテゴリー1位頂きました!ありがとうございます!
24h.ポイント 7pt
小説 34,786 位 / 185,072件 恋愛 15,430 位 / 56,210件
文字数 100,541 最終更新日 2020.10.06 登録日 2019.08.12
ファンタジー 連載中 長編 R15
 【祝!書籍化】 国内でも有数の力を持つ貴族であり、魔法職に秀でている事でも名の知れた一族であるアルウィン家の次男フィガロは、魔法を使えないという欠陥を持って生まれた。  魔法と共に生きる世界において致命的な欠陥を持つ子供、それがフィガロだった。  十五歳になり成人の儀を行った次の日、フィガロは家を勘当された。  辺境の森にいる老人の元で暮らす事になったが、その老人は一千年前の英雄の生き残り【焔雷帝】。  焔雷帝の導きの元、数百年解読者が現れなかったルーン文字をフィガロは解読してしまう。  そしてフィガロの体は常軌を逸した構造だった事も発覚する。  錬金の果てにルーン文字を文殊へ刻み込む事に成功したフィガロは森を出る。  フィガロの願いはただ一つ。  人間らしく普通に生きたい。  強力無比な力を秘めた少年はどんな普通を求めるのだろうか。  【書籍化が決定致しました! 四月下旬頃にアルファポリス様から刊行予定です! 加筆修正や話の変更はほぼありませんが、文字数を削るために一部分改稿があります。書籍化に伴い改題しております。これも皆様の応援あってこそです!ありがとうございます!】
24h.ポイント 21pt
小説 23,562 位 / 185,072件 ファンタジー 3,314 位 / 42,524件
文字数 1,072,132 最終更新日 2020.10.04 登録日 2018.10.01
7