ブラック王国軍から脱退した召喚士、前世の記憶が蘇り無人兵器も召喚出来るようになりました〜戻れと言われても既に魔王軍と契約してるので無理〜

「もううんざりだ。俺は軍を抜ける。王国なぞ知ったことか!」
「ふん、無駄飯食らいの給料泥棒なぞこっちから願い下げだ! さっさと出て行け!」

 ブラックすぎる王国軍の対応に嫌気が差した俺は軍部トップや、貴族のお歴々の面々に中指を立てて自主脱退を申し出た。

 ラスト家は親子三代にわたり召喚士としてテイル王国軍を支えてきた一家であり、クロード・ラストは三代目である。
 テイル王国はモンスターを軍に導入する事で、世界でも比類なき軍事力を手に入れていた。

 軍部で使役されているモンスターはラスト家が召喚してきたモンスター。
 その事実は長い年月の中で隠匿され、真実を知るものはごく少数であり、お偉方はそれを知らない。
 
「本当にいいんですね? 俺がいなくなったら、王国は終わりですが」
「虚勢はそれだけかね召喚士君。今やテイル王国は大陸一、軍を抜けるとなればむろん爵位も剥奪させてもらう」

 最後通告を無視されたクロードは全ての仕事をほっぽり出し、魔界との境界近くにある田舎で暮らす事に決めた。
 しかし軍部の機密保持のため、暗殺者に狙われて瀕死の重症を負ってしまう。
 その時、一命を取り留めたクロードに前世の記憶が蘇り、前世もまたブラック企業に在籍し過労で命を落とした経緯を思い出す。

「貴様、ウチで働かんか」
「はい?」

 魔界の境界で魔王軍にスカウトされたクロードは、ホワイトな環境に驚きながらも着々と地位を築き上げていく。

 一方、クロードが抜けた穴は大きく、軍部にいたモンスター達が全て消失、兵士達が相次いで脱退するという事態になったテイル王国はクロードを探し、帰ってきてくれと懇願するが--。

「俺もう魔王軍と契約してるんで無理」

 クロードは自業自得な王国を身限り、自分を正しく評価してくれる魔王軍を選び、魔王の覇道に手を貸すのだった。

 これは虐げられ続けた影の大黒柱の転職活動記録と、世界を巻き込んだ騒乱の物語である。
24hポイント 9,592pt
小説 247 位 / 87,366件 ファンタジー 73 位 / 24,799件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

転生令嬢は庶民の味に飢えている

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:16535pt お気に入り:12314

弱小国の捨てられ巫女は大帝国で無双する

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:90269pt お気に入り:9246

王宮から追放された第一王子 〜義理の弟がいるなら平気でしょ?〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:49509pt お気に入り:1241

クラス最安値で売られた俺は、実は最強パラメーター

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:11157pt お気に入り:2460