欠陥品の文殊使いは最強の希少職でした。

 【祝!書籍化】

国内でも有数の力を持つ貴族であり、魔法職に秀でている事でも名の知れた一族であるアルウィン家の次男フィガロは、魔法を使えないという欠陥を持って生まれた。
 魔法と共に生きる世界において致命的な欠陥を持つ子供、それがフィガロだった。
 十五歳になり成人の儀を行った次の日、フィガロは家を勘当された。
 辺境の森にいる老人の元で暮らす事になったが、その老人は一千年前の英雄の生き残り【焔雷帝】。
 焔雷帝の導きの元、数百年解読者が現れなかったルーン文字をフィガロは解読してしまう。
 そしてフィガロの体は常軌を逸した構造だった事も発覚する。
 錬金の果てにルーン文字を文殊へ刻み込む事に成功したフィガロは森を出る。
 フィガロの願いはただ一つ。


 人間らしく普通に生きたい。


 強力無比な力を秘めた少年はどんな普通を求めるのだろうか。

 【書籍化が決定致しました! 四月下旬頃にアルファポリス様から刊行予定です! 加筆修正や話の変更はほぼありませんが、文字数を削るために一部分改稿があります。書籍化に伴い改題しております。これも皆様の応援あってこそです!ありがとうございます!】
24h.ポイント 7pt
0
小説 35,321 位 / 183,828件 ファンタジー 5,522 位 / 42,179件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。