行倉宙華

行倉宙華

2020年「モブでも認知ぐらいしてほしいと思ったのがそもそもの間違いでした。」で出版デビュー! ファンタジーとハッピーエンドが好きです( ੭ ˙꒳​˙ )੭♡
5
SF 完結 長編
「わかった。あんたら全員殺して、あたしだけ生きるってのは、どう?」 ウェーブがかった高い位置にある、ポニーテールが揺れる。 透き通るような青の瞳。 君の一言で俺達はいつだって支配されてきた。 それがわかってるというように――ゾーイ・エマーソンは笑うのだ。 第三次世界大戦で地上は甚大な被害を受けて住めなくなり、人類は空に助けを求めたのだ。 今人類の生活の拠点は、空島である。 俺、澤木 昴(さわき すばる)は、特に秀でた才能や、ましてや将来の夢とか目標もない、だだの凡人だ。 そこで凡人の俺は一発逆転を狙って、必死の勉強の末、エリート養成施設ナサニエルに入学した。 仲が最悪の双子の弟や、世話焼きの幼なじみも一緒だが、それなりに楽しい学園生活を送っていた第二学年の夏休み前。 「このままじゃ、地上に墜落だ!! 全員死ぬぞおおおおおおお!!」 大人達が全員出払っていた時に、空島はコントロールが効かなくなった。 絶体絶命で死を覚悟した、その時だ…… 「どうも理解していないみたいだから言うけど? 少なくとも、ここにいるあたし達に、他の生徒達の何百って命がかかってるの。それともう一つ。あたしは、こんなとこで終わるなんて死んでも御免よ」 ゾーイ、君の言葉で俺達は、全員自分を奮い立たせて操縦桿を握った。 「スリー、トゥー、ワンのカウントで、オートパイロットを解除します」 「解除なら、とっくにしてるけど?」 「は?」 まあ、君のせいで死にかけたけどね? どうにか着陸した俺達は、生きるために未知の世界――地上に足を踏み入れた。 けど、そこで待っていたのは…… 「犬と猫? あ、けど……え? これは人間じゃないよな……?」 これは終わりの見えない異世界での生活と、一人の不思議な少女に無茶苦茶に振り回されながらの二重の意味での過酷を経験しながら…… 少年少女達が疲労困憊しつつ、青春と成長をしていく物語である――
24hポイント 0pt
小説 120,118 位 / 120,118件 SF 3,483 位 / 3,483件
文字数 515,262 最終更新日 2021.08.02 登録日 2020.10.23
三年六組の佐倉弥生という女子生徒の訃報が、櫻井諒を始めとした登場人物達のもとに届いた。 秋がすぐそこまで迫っていた、九月の初めのことだった。 これは一人の少女が残した世界の真実を抱えながら、残された者達が生きていく話――
24hポイント 0pt
小説 120,118 位 / 120,118件 ライト文芸 5,040 位 / 5,040件
文字数 7,275 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.30
「私、このジャカランダみたいな気高い生き方をしたいな!」 そう言って笑う彼女は、明日の生きて帰れるかもわからない魔法戦争に行くと言い出した。 王国の民に愛されてる、人間と魔法族のことを繋いでくれた、僕の初恋である彼女。 「君は、そんなに死にたいのか?」 誰がどんなに引き止めても、彼女が頷くことはなかった。 そして、僕達のもとへ帰ってきたのは彼女が被っていた紫のとんがり帽子だけだった―― これは一人の魔女が、全力で未来を捨てる物語である。
24hポイント 7pt
小説 29,992 位 / 120,118件 恋愛 12,591 位 / 35,224件
文字数 9,871 最終更新日 2021.02.09 登録日 2021.01.18
「私が病弱設定で引きこもっている間に何があった!?」 前世で売れない女優として活動していた私が、落ちてきた照明の下敷きになって転生した先は大人気少女漫画――「恋はラビリンス」 私は病弱設定で物語が始まる前に死んでしまうヒロインの姉。 けど、私は病弱でもないし、死ぬなんて無理だから、せめて物語を変えないために女優として長年演技をしていました。 けど、さすがにしんどくて家族に演技だと暴露をしたのですが…… 「お姉様、何てお優しいのでしょう!」 頭がぶっ飛んだ育ち方をしたヒロインこと、私の妹は信じてくれません。 おまけに私に身を捧げるとか言い出した、妹には玉の輿にのって、貧乏貴族の我が家を救ってもらいたいのにそんなの困る! 王子、当て馬、悪役令嬢も様子がおかしいし、どうしたら軌道修正できますか!?
24hポイント 14pt
小説 25,279 位 / 120,118件 恋愛 10,428 位 / 35,224件
文字数 9,808 最終更新日 2021.01.12 登録日 2021.01.12
恋愛 連載中 長編
普通の女子大生の私が転生した先は、前世でプレイしていた乙女ゲーム「キングダム・レボリューション」の世界だった。 転生したキャラクターはゲーム中に名前も出てこないモブだけど、全然いい! だって、私は味方や敵もひっくるめて、キングダム・レボリューション、通称ダムレボの世界が大好きなんだもん! しかし、このゲームはネットでは悲恋革命と呼ばれるくらい選択肢を少しでも間違えると問答無用で悲恋へと誘われる。 クリアが極めて困難と言われていた。 おまけに、登場人物それぞれの背景であるトラウマの過去エピソードは重いものばかり。 プレイをすればするほど病むって言われてたっけな。 転生したなら私の願いはただ一つ。 登場人物達には普通に恋をして、失恋とかして、普通に幸せになってもらいたい。 トラウマなんて作らせない! そして、あわよくば顔見知り程度に! そんな物語の進行とか完全無視で、私は登場人物達の幸せを最優先で動いていたんだけど…… これは自分の行いで物語があらぬ方向に進もうとするのを、今度は自分で必死に軌道修正しようとする話である。 「違う! そうじゃない! そこまで望んでないってば!!」
24hポイント 99pt
小説 9,870 位 / 120,118件 恋愛 4,350 位 / 35,224件
文字数 252,500 最終更新日 2020.10.25 登録日 2019.07.27
5