ももがぶ

ももがぶ

初心者です。 温く見て下さい。
22 12
今まで生きてきて猫が側にいなかった日がなかったことを思い出す。 実家を出て、一人暮らしを始めた時には猫を飼うことは出来なかったが、会社の行き帰りに会うノラがそんな私の気分を紛らわせてくれた。 そんな猫達への感謝を込めて。
24h.ポイント 271pt
小説 4,326 位 / 183,633件 エッセイ・ノンフィクション 105 位 / 7,767件
文字数 40,529 最終更新日 2024.04.23 登録日 2022.06.25
十年前の殺人事件の冤罪を見事に解決した山本警部と坂本警部だったが、解決したハズなのに異動させられたのは『特命係』だった。 他からは『特に命令されない限りは動かない係』と揶揄されるほどの暇な部署となる。 普段の役割としては『迷宮入り』や『冤罪』が疑われる事件の再捜査が主となる部署だ。 そんな二人に『特命』が下った。 加害者家族が冤罪を訴えているので、様子を見て来て欲しいというものだった。
24h.ポイント 455pt
小説 2,617 位 / 183,633件 ミステリー 19 位 / 4,167件
文字数 60,251 最終更新日 2024.04.23 登録日 2023.07.27
「転生したから思いっきりモノ作りしたいしたい!」のスピンオフ作品です。 主にケインからの無茶振りで玩具作りに販売に四苦八苦するガンツさんの息子、サンガンの辛くも楽しい日々を書いていきますので、よろしくお願いします。
24h.ポイント 1,879pt
小説 709 位 / 183,633件 ファンタジー 163 位 / 42,154件
文字数 23,649 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.16
俺、空田広志(そらたひろし)23歳。 何故だか気が付けば、見も知らぬ世界に立っていた。 何故、そんなことが分かるかと言えば、自分の目の前には木の棒……棍棒だろうか、それを握りしめた緑色の醜悪な小人っぽい何か三体に囲まれていたからだ。 それに俺は少し前までコンビニに立ち寄っていたのだから、こんな何もない平原であるハズがない。 そして振り返ってもさっきまでいたはずのコンビニも見えないし、建物どころかアスファルトの道路も街灯も何も見えない。 見えるのは俺を取り囲む醜悪な小人三体と、遠くに森の様な木々が見えるだけだ。 「えっと、とりあえずどうにかしないと多分……死んじゃうよね。でも、どうすれば?」 にじり寄ってくる三体の何かを警戒しながら、どうにかこの場を切り抜けたいと考えるが、手元には武器になりそうな物はなく、持っているコンビニの袋の中は発泡酒三本とツナマヨと梅干しのおにぎり、後はポテサラだけだ。 「こりゃ、詰みだな」と思っていると「待てよ、ここが異世界なら……」とある期待が沸き上がる。 「何もしないよりは……」と考え「ステータス!」と呟けば、目の前に半透明のボードが現れ、そこには自分の名前と性別、年齢、HPなどが表記され、最後には『空間魔法Lv1』『次元の隙間からこぼれ落ちた者』と記載されていた。
24h.ポイント 646pt
小説 1,848 位 / 183,633件 ファンタジー 355 位 / 42,154件
文字数 151,868 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.01.17
ファンタジー 連載中 長編 R15
俺「佐々木光太」二十六歳はある日気付けばタロに導かれ異世界へ来てしまった。 会社から帰宅してタロと一緒に散歩していたハズが気が付けば異世界で魔法をぶっ放していた。 タロは喋るし、俺は十二歳になりましたと言われるし、これからどうなるんだろう。
24h.ポイント 163pt
小説 6,757 位 / 183,633件 ファンタジー 1,173 位 / 42,154件
文字数 310,907 最終更新日 2024.04.17 登録日 2023.07.05
猫たちと布団に入ったはずが、気がつけば異世界転生! せっかくの異世界。好き放題に思いつくままモノ作りを極めたい! 魔法アリなら色んなことが出来るよね。 無自覚に好き勝手にモノを作り続けるお話です。 第一巻 2022年9月発売 第二巻 2023年4月下旬発売 第三巻 2023年9月下旬発売 ※※※スピンオフ作品始めました※※※ おもちゃ作りが楽しすぎて!!! ~転生したから思いっきりモノ作りしたいしたい! 外伝~
24h.ポイント 468pt
小説 2,546 位 / 183,633件 ファンタジー 453 位 / 42,154件
文字数 1,499,575 最終更新日 2024.04.16 登録日 2022.03.13
メタボ気味というには手遅れな、その体型で今日も営業に精を出し歩き回って一日が終わり、公園のベンチに座りコンビニで購入したストロング缶をあおりながら、仕事の愚痴を吐く。 それが日課になっていたが、今日はなにか様子が違う。 公園に入ってきた男二人、女一人の近くの高校の制服を着た男女の三人組。 なにかを言い合いながら、こっちへと近付いてくる。 おいおい、巻き添えなんかごめんだぞと思っていたが、彼らの足元に魔法陣の様な紋様が光りだす。 へ〜綺麗だなとか思っていたら、座っていたベンチまで光に包まれる。 なにかやばいとベンチの上に立つと、いつの間にかさっきの女子高校生も横に立っていた。 彼らが光に包まれると同時にこの場から姿を消す。 「マジか……」 そう思っていたら、自分達の体も光りだす。 「怖い……」 そう言って女子高校生に抱き付かれるが俺だって怖いんだよ。
24h.ポイント 291pt
小説 4,027 位 / 183,633件 ファンタジー 718 位 / 42,154件
文字数 491,798 最終更新日 2024.04.16 登録日 2022.07.07
ある日、通っている中学校の屋上から「もう、自由になってもいいよね」とフェンスに近寄り乗り越えようとしたところで『ちょっと待って!』と声を掛けられ振り向いてみるが、自分の周りには誰もいない。 「気のせいか」と気を取り直して、フェンスを掴む手にグッと力を込めたところで『だから、待ってってば!』ともう一度声が聞こえるが、やはり自分以外に誰もいない。 「誰?」 『あ~やっと聞いてくれたね』 「だから、誰だって!」 『もしかして死のうとしているのかな?』 「だったら、なに? 姿も見せないお前には関係ないだろ!」 『それもそうだね』 「だから、放っておいてよ」 『このまま、死んでも後悔はしないのかな?』 「ふん! 今さら後悔なんか……」 『じゃあ、君を虐めていたヤツに何もしないままでもいいの?』 「そんなの俺がここから飛び降りたら、アイツらのせいだと騒がれるだろうから『ホントにそう思うのかい?』……え?」 『いいかい。よ~く考えて思い出してみてよ』 「……なにをだよ?」 『今まで君の様に虐めに耐えかねて自ら死を選んだ子はいたよね』 「だから、何?」 『その子達を虐めていた奴等はどうなったと思う?』 「……どうなったの?」 『きれいさっぱりなかったことにした……ってのが、大半だね』 「え?」 『そりゃ、中には自分達がしたことがバレたらどうしようって悩んだ子もいるみたいだけど、そういう子にも時薬ってのが効くみたいでね。今では幸せな家庭を築いている子がほとんどだよ』 「まさか……」 『だって、ほとんどの学校が「イジメはありませんでした」って言うんだよ。それなのにどうして自分は違うと言えるの?』 「……」 『だからさ、ちょっとだけ僕に付き合ってよ』 「……」 『どうせ一度は棄てた、棄てようとした命でしょ。なら、僕がしたいことをちょっとだけ手伝ってよ』 「……分かった」 『そうこなくっちゃ! じゃ、いい? あのね……』 屋上のフェンスから飛び降りようとした少年は姿を見せないままの声だけの存在から提案された内容に頷くのだった。 『ふふふ、悪いけど僕の暇潰しに付き合ってもらうよ』 もちろん、この呟きは少年には聞こえない。
24h.ポイント 28pt
小説 20,899 位 / 183,633件 ファンタジー 3,030 位 / 42,154件
文字数 67,407 最終更新日 2024.04.13 登録日 2024.03.24
『ちゃんと死んでくださいね。話はその後で』 屋上から飛び降りた少年は地面に激突する数センチ手前で止められると目の前の逆さまに立つ女性にそんなことを言われ驚いてしまう。 「助けてくれないのですか?」 『助けてもいいですけど、その場合はもっと酷くなりますよ?』 「じゃあ、いいです」 『では、ちゃんと死んでくださいね』
24h.ポイント 56pt
小説 13,655 位 / 183,633件 ファンタジー 2,070 位 / 42,154件
文字数 135,454 最終更新日 2024.03.11 登録日 2023.09.09
ある日、一人の老人が満足そうな顔で死を迎え入れる。 「これでやっと楽になれる」と言いながら、ゆっくりと目を閉じる。 そして、再び目を開けた彼は驚愕する。 見慣れた教室だが、その教室の床一面に広がる魔法陣の紋様。 そして、その様子に騒ぎ出すクラスメイト。 「また、これか……一体、何回目の異世界転移だよ!」と。
24h.ポイント 14pt
小説 28,990 位 / 183,633件 ファンタジー 4,259 位 / 42,154件
文字数 133,088 最終更新日 2024.01.16 登録日 2023.08.12
十六歳の時、気が付けば異世界へと転移していた俺『伊吹陣(いぶきじん)』。 初めての異世界で何もかも初めて尽くしだったが、五年も経てばそれは当たり前になる。 そんな当たり前の生活を過ごしていたジンだったが、ある日突然パパ活を始めることになってしまった。
24h.ポイント 28pt
小説 20,899 位 / 183,633件 ファンタジー 3,030 位 / 42,154件
文字数 47,096 最終更新日 2024.01.11 登録日 2024.01.07
被害者の訴えを聞き取り、依頼者に成り代わり密やかに復讐代行を行う。
24h.ポイント 0pt
小説 183,633 位 / 183,633件 ミステリー 4,167 位 / 4,167件
文字数 40,796 最終更新日 2023.11.07 登録日 2023.11.01
十歳の誕生日を病室で迎えた男の子? が次に目を覚ますとそこは見たこともない世界だった。 「あれ? 僕は確か病室にいたはずなのに?」 気付けば異世界で優しい両親の元で元気いっぱいに掛け回る僕っ娘。 「僕は男の子だから。いつか、生えてくるって信じてるから!」 そんな僕っ娘を生温かく見守るお話です。
24h.ポイント 78pt
小説 11,206 位 / 183,633件 ファンタジー 1,697 位 / 42,154件
文字数 107,001 最終更新日 2023.10.30 登録日 2022.11.11
いつもの様に通りを眺めている俺の前に現れた一人の女性。 「お久しぶり」と声を掛けて来たこの女性を俺はよく知っている。 いや、知っていると言うのは言いすぎだと思うが、顔だけは知っている。 その女性が俺の元に現れた。 俺はなんで彼女がこちらにいるのかを不思議に思うと同時に理解してしまう。 彼女がこっちへ来たことを。
24h.ポイント 0pt
小説 183,633 位 / 183,633件 ホラー 6,785 位 / 6,785件
文字数 15,572 最終更新日 2023.10.18 登録日 2023.10.14
「で?」 「……」 何もない白い世界で椅子に座っている俺に対し土下座している正体不明の何者かに、さっきからそう問い掛けているのだが何も言わないまま、ずっと土下座し続けている。 俺は誰だ? 名前も思い出せない。そもそも、俺はどうしてここにいるのかを説明して欲しいだけなのに。 『時間です』 「え?」 『時間になりましたので、異世界へと転生していただきます』 「はい?」 『では、次の人生をお楽しみ下さい』 「え~」 「ん、ん~あ~」 次に俺が目覚めた時には禄に声も出せないし、目もよく見えない状態だった。なんでこんなことにと思ったが、そう言えばあの世界で『異世界へ転生』と言われたことを思い出す。 だから、どうしてこうなったのかを説明しろ言ってるだろう! 『では、説明させて頂きます』 「え?」
24h.ポイント 0pt
小説 183,633 位 / 183,633件 ファンタジー 42,154 位 / 42,154件
文字数 32,657 最終更新日 2023.10.17 登録日 2023.08.07
メタボな中年男性が交差点で転んだJKのパンツが見れて「ラッキー」と思っていたら交差点に左折して来たトラックがパンツJKを轢きそうになった。 「あ、危ない!」と思ったら急にハンドル切ってこっちに向かって来た。まさか…ね。 そこで意識が途切れたと思ったら、ここはどこなんだろう?
24h.ポイント 14pt
小説 28,990 位 / 183,633件 ファンタジー 4,259 位 / 42,154件
文字数 119,986 最終更新日 2023.10.17 登録日 2022.04.01
義理と人情を大事にしすぎたタツが異世界で仁義を通します ある日、弟分のヤスに若頭が話があると港の倉庫に呼び出されるが、実はそれは若頭の罠だった。 そして、泣いて謝りながら刃を上にしてタツの脇腹を後ろから抉るヤス。 「兄貴、すまねえ。こうしないと親父が……親父が……」 それがタツが前世で見た最後の光景だった。 それから目を覚ましたタツが目にしたのは、病院でも自分の部屋でもない洋風な部屋だった。 「どこだ、ここは? イタッ!」 「坊ちゃま、目を覚ましたのですね」 ベッドから身を起こしたタツを支えたのは見たこともない女性だった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,633 位 / 183,633件 ファンタジー 42,154 位 / 42,154件
文字数 9,577 最終更新日 2023.10.14 登録日 2023.10.09
ある日、父親に殴られたがそんなに痛くはなかったのにまるで頭の中を掻き回されたかのように痛みが治まらず、地面に横たわる。 そしてそんな俺を見た父親は慌て母親はそんな父親に呆れながらも医者を呼んでくるように言ったところで俺は気を失い、気が付いた時には前世の記憶が優先されたのか、父親に対し「誰なの?」と聞いてしまった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,633 位 / 183,633件 ファンタジー 42,154 位 / 42,154件
文字数 8,579 最終更新日 2023.10.13 登録日 2023.10.10
「お前との婚約は破棄する!」 「はい?」 気付けば晩餐会の会場で目の前の婚約者であるウィリアム王子が私にビシッと人差し指を突きつけそう叫んでいる。 婚約破棄なら望むところだが、その後ろでニヤついているお前はダメだ!
24h.ポイント 7pt
小説 35,343 位 / 183,633件 ファンタジー 5,539 位 / 42,154件
文字数 24,771 最終更新日 2023.10.12 登録日 2023.07.17
恋愛 連載中 長編
俺は市内の進学校に通う高校一年の十六歳。 ある日、たまたま乗り合わせた電車の中で痴漢にあっている女子高校生をたまたま助けた。 ハズだったが、なぜか俺が痴漢認定され、助けたはずの女の子に睨まれてしまった。 こんなことなら、助けない方がよかったのか……
24h.ポイント 14pt
小説 28,990 位 / 183,633件 恋愛 12,591 位 / 55,969件
文字数 113,694 最終更新日 2023.10.08 登録日 2022.06.15
22 12