妹に婚約者を奪われて婚約破棄された上に、竜の生贄として捧げられることになりました。でも何故か守護竜に大切にされているようです

ダメーナ子爵家の姉妹であるイリスとティアナ。

何でも要領よくこなし、愛想の良い妹のティアナ。
物覚えも悪く、愛想がないと蔑まれてきた姉である私――イリス。
私は屋敷中から冷遇されて、いつからか召使いのように扱われていました。

ある日、唯一の婚約者すら妹のティアナに奪われてしまいます。
失意の私に追い打ちをかけるように、両親からこんな言葉をかけられます。
『妹の身代わりになれ』と。

「聖女」であるティアナには、国を守護してもらえるよう「竜」に祈りを捧げる役目があります。
この国は聖女が竜に祈りを捧げ、竜が聖女の祈りに応えて国を守護することで栄えてきたのです。

もっとも面倒くさがりな妹は、祈りを欠かすことも多く竜の怒りを買ってしまったのでしょう。
そんな時に生贄となり竜の怒りを鎮めるのも聖女の役割なのですが――妹を溺愛する両親は、私を身代わりにすることを思いたようです。

そうして「竜神」のもとに向かう私ですが――


これは妹の身代わりに生贄にされたイリスが、何故か竜神に大切に扱われ新天地で幸せをつかみ取るお話です。

※ 他の小説投稿サイトにも投稿しています
24hポイント 326pt
小説 3,428 位 / 99,580件 恋愛 1,685 位 / 27,708件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

実家から絶縁されたので好きに生きたいと思います

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:59508pt お気に入り:9670

いえ、絶対に別れます

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:302234pt お気に入り:8376