白き鎧 黒き鎧

高校生の内藤祐哉は、身罷(みまか)った異世界の王の身代わりとして突然かの世界に掠め取られる。
友人・佐竹は彼を追うが、ごくわずかの時間差から、向こうではすでに七年もの歳月が流れていた。
言葉も分からぬ異世界で内藤を探す佐竹。
が、やがて出会った国王が成長した内藤にそっくりで――。しかし、彼に内藤としての記憶はなかった。
敵対する二つの国の二つの鎧の秘密に迫り、佐竹は敵国ノエリオール、黒き鎧の王と戦う決意をするのだったが――。

※つづれ しういち作のオリジナルファンタジー小説です。「小説家になろう」および「カクヨム」にも公開中。他サイトへの無断転載は許可しておりません。
24hポイント 0pt
小説 86,803 位 / 86,803件 ファンタジー 24,843 位 / 24,843件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

黒龍の巫女になったら悪者扱いされてます

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:973pt お気に入り:153

陛下、貸しひとつですわ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:405pt お気に入り:16

契約獣が怖いと婚約破棄を受けるも、どうやら神獣のようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:131040pt お気に入り:6993