握りしめた細い糸の先で見つけたのは。

春に張り切って就職した 久松 遥 22歳。
ある日電車の中で史上最高に困っていたところを助けてくれた人。

すぐに人ごみに紛れてしまって分からなくなった。

その人がまさか同じ会社の先輩だったなんて。
多分間違いない。
あの時の人!!

浅田先輩、絶対そう!!

あれこれと一人再会の場面やその後の二人を夢想しながら、妄想しながら。
それでもチャンスはなかなかない。

何とか先輩に近づきたい。

一番の近道は同期の夏越君。
何といっても浅田先輩と同じ営業課。

臆病な自分だけど、小さな勇気を膨らませて頑張ってます。

そんな遥と浅田先輩と同僚の話です。


24hポイント 0pt
小説 86,805 位 / 86,805件 恋愛 22,900 位 / 22,900件